「ちょうど犯行時刻のころ、あの家からケンカする声が聞こえてきたんです。興奮している男の声でした」

 と近所の住民は振り返る。

 3月20日午後5時4分ごろのこと。岡山県倉敷市の宗教施設で祖母・西川かずゑさん(90)に対し、孫の自称大学生・西川成次容疑者(31)が手のひらで頭部を複数回殴打する暴行を加えたという。

 容疑者の母親は約1分後、「息子が暴れている」と110番通報。

 県警児島署の警察官が駆けつけると、かずゑさんはうつぶせで倒れており、呼びかけに反応がない状態だった。

90歳祖母を意識がなくなるほど殴打

 パトカー4台、救急車1台が集結する物々しい雰囲気の中、救急搬送を目撃した男性はため息交じりに話す。

「おばあちゃんは意識がなくて、救急隊員が懸命に心肺蘇生措置をとっていました」

 警察官は母親を事情聴取するとともに、その場にいた成次容疑者を傷害の疑いで現行犯逮捕。意識障害を負ったかずゑさんは市内の病院に搬送されたが、同6時23分ごろ、死亡が確認された。

「県警は容疑を傷害致死に切り替え、犯行の経緯や動機などを詳しく調べている。成次容疑者は“おばあちゃんを平手で何発か殴ったことに間違いありません”と容疑を認めており、おばあちゃんを嫌っていたとする話もしているようだ」(社会部記者)

 現場は小高い丘の中腹にある古い建物。地元関係者などによると、西川家の敷地内には容疑者の父親が信仰する宗教の施設があり、事件はそこで起こった。

「一家が引っ越してきたのは十数年前。両親と子ども4人の6人家族だった。あとから父方のおばあちゃん、すなわち事件で亡くなった祖母が同居するように」(地元関係者)

 容疑者は次男にあたり、地元の小・中学校を経て県立高校に進学。父親が運営する月謝3000円の学習塾を手伝うこともあったといい、現役で関西圏の私立大に進んだ。