木村拓哉一家の“警察トラブル”が『文春オンライン』で報じられた。なんでも30代〜40代とみられる女性が、都内高級住宅街に建つ木村の豪邸敷地に侵入する“不法行為”を働いたというのだ。

 文春によると事件が起きたのは3月1日の夕方ごろ、自宅周辺にはパトカーが駆けつる取り巻く物々しい雰囲気となり、“犯人”女性が複数の警察官に囲まれて職務質問を受けたとある。現場では家主の木村が聴取に応じ、側には憤る工藤静香、その陰にCocomiとKoki,の姿もあったよう。

 ジャニーズ事務所も騒動を事実と認めて、《当該女性による不法行為について、警察に通報し、対応していただきました》と答えたように、確かに“久しぶり”の通報騒ぎに見舞われた木村家。かつて2008年10月にも“不法侵入”されていたーー。

夜7時過ぎに自宅の警報装置が作動して警備員が駆けつけ、後に警察捜査から2階に何者かが侵入を試みた形跡が発見されたのです。当のキムタクら家族は海外旅行中で、犯人に遭遇することなく無事だったのですが、未遂とはいえ怖い思いをしたことでしょう。

 当時は、近辺で同様の空き巣被害が続いていたそうで、おそらく犯人は“キムタクの家”と知らずに入ろうとしたのでしょう。ただ、今回の女性は明らかに知った上での不法行為だったのでは?」(芸能リポーター)

かねてより“やらかし”ファンが来ていた

 “動機”は明かされてはいないが、2人の娘の一線で活躍する芸能一家であるが故に、例えばファンによる過剰行為の末の騒動だったとも考えられる。というのも、最近こそ落ち着きを見せていたが、完成時にはちょっとした“観光名所”化していた木村の自宅。

「あの頃は、プライベート写真を撮るだけで記事になる人気ぶりだっただけに、定期的に自宅近くで張り込みをしたものです。すると、どこから場所を聞きつけたのか、毎回のようにファンらしき女性たちが自宅前をウロウロしたり、記念写真を撮ったり、それこそ塀の中を覗こうとする動きをしたり

 張り込んでいる僕らが言うのもなんだけど、“それはマズイだろう”と思わせる、女性たちの“やらかし”行為を何度も目撃したものでした(苦笑)」

 と、現場取材していた写真誌カメラマンは振り返る。確かに木村の行先には、どこでスケジュールを入手するのか、追っかけファンが常に待ち構えていた時代。『mixi』などのSNSサービスも普及しはじめた頃とあって、ファン同士で自宅も含めた情報を共有していたのだろうか。