『少年隊』の植草克秀に不倫疑惑が浮上した。

 2月14日、バレンタインデーの夜に30代後半のモデル風女性と千葉市郊外にあるラブホテルから出てくるところを『FRIDAY』(4月15日号)にキャッチされた。

 同誌によるとこの女性はイベント企画やPR事業を行う会社の社長で植草のYouTubeやインスタのライブ配信などを手伝っているといい、植草と彼のマネージャーと一緒に打ち合わせの席に同席する姿を目撃されている。植草は記者の直撃に“ビジネスパートナー”だと強調していたようだが、12月下旬にも同じく千葉県市郊外のラブホテルを訪れているところを激写されており、建物から出る際に時間差で走って車に乗り込む姿が捉えられている。言い逃れは難しそうだ。しかし植草は記者に対し、

「(女性とは)付き合っていない」

「(ラブホテルには)行っていない」

 そう答えた。記者が“複数回行っていることを確認している”と改めて問うても「いや、行っていないです!」と、“事実無根”とばかりにしらを切った。証拠は写真に収められているにも関わらず、だ……。

否定がまかり通っていた時代で

 記者の直撃を受けても降参せず、頑なに否定するところは昨今の芸能人における不倫報道のケースとは少し異なる。事実であれば早めに認めてしまったほうが、世間のバッシングを抑えることができるであろう。逆に否定を続けるのであれば、週刊誌サイドから“第2弾”のかたちで新たな証拠が出てくるというリスクもある。

 繰り返し否定する植草を見るに、彼のなかにはまだアイドル時代の“クセ”がまだ残っているように思われる。ジャニーズ事務所にはタレントのスキャンダルに対し、「ノーコメント」で通していた時代があった。認めさえしなければ(否定さえすれば)、ファンも記事を信じないでいられるし、後追い取材をする媒体も少なかった。

 2020年に事務所を退所した植草だが、いまだに当時のままなのかもしれない。時差で車に乗り込んだときに女性を車の後部座席に座らせていたのも、当時のアイドルが自家用車でデートをする際によく使っていたテクニックのひとつ。自宅前で出待ち、あるいは帰宅待ちをしているファンの女性にたびたび出くわしたものだった。アイドル気質が抜けていないのだろう。