ドSで無愛想な官能小説家・榎村遥華(向井理)とドMフェミニンな美少女漫画家・中田みるく(北村有起哉)。互いに作品のファンだったのに、いざコラボ企画のために顔を合わせてみると……最悪!! ただ互いに“おとりよせ”が大好きなことから、グルメな逸品を軸にその印象や関係性が少しずつ変化していく……。

 4月8日から始まった『先生のおとりよせ』。劇中では水と油の凸凹コンビ、しかし実際のふたりは酒好きとあってトークの花が咲きまくりです!!

◆   ◆   ◆

 

芝居でも遊び心満載

 ――共演は大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』('11年)以来、約11年ぶり。互いの第一印象、覚えてる?

向井(以下、向) 大河のときが初対面で。でもセリフのやりとりはほとんどなく、前室で少しお話ししただけだったんですが“話しやすい先輩”という印象で。

北村(以下、北) 上野樹里ちゃんの相手役で、初大河だったらしいんだけど、扮装姿で出番を待つ姿がどっしりして。実は緊張してたらしいけど、全然そんなふうに見えなかった。

 ――今作でがっつり共演し、お互いの印象に変化も?

 今回ね、向井くんの“つけ入るスキ”というか、欠点みたいなものを探そうと、ずっと観察してたんですよ。でも、見つけられなかったんですよね~。

 いやいや。

 でも、意外とおちゃめで。弁当はいのいちばんにレンチンしにいくし、可愛らしいところはたくさんありましたよ。芝居も遊び心満載。たまに悪ノリもして(笑)。

 あははは。リハーサルではふざけることが多かったですね(笑)。現場のテンションを上げるという意味で。僕は大河からの今作って考えたら、有起哉さんは“本当にふざけた人だな”と(笑)。だいたいみんな、本番はちゃんとやるんですよ。なかなか本番までふざける人はいない(笑)。

 まじめな監督だから、“それをやるんですか、本番で?”ってね。ふたりでだいぶ翻弄しちゃったんじゃない? 

 やっぱり遊び心。深夜のコメディーで、グルメと少しのエロもある作品ということで、自分たちも楽しんでやらないと。ただまじめにやり続けても、生まれてくるものがなかったりするので。