《練習始めたら、めちゃくちゃおもしろくて! 「もっとうまくなりたい」って、今までの自分にはなかった“根性”や“向上心”が芽生えてしまって……》

 元気いっぱいにそう語っているのはKing & Princeの高橋海人(高ははしごだか)。木村拓哉が主演するドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)でボクシング部の部長を演じることになり、ボクシングの練習を始めると情熱が爆発。

「木村さんも海人くんの意気込みを高く評価しています。インスタグラムに《海人の全力も本当に刺激になります!!》と書き込んでいました。ドラマは初共演ですが、実は昔、ジャニーズ事務所に入る前にSMAPのバックダンサーを務めたことがあったそうですよ」(スポーツ紙記者)

少年時代に通っていた地元・神奈川県平塚にあるスクール

4月14日にスタートする『未来への10カウント』(テレビ朝日公式HPより)

 高橋はジャニーズ事務所に入る前からダンスをやっており、その実力はかなりのものだとか。

保育園の年長からダンスを始め、小学生のころに『F4』というダンスグループを結成していたようです。数々のダンス大会に出場して、全国大会で優勝したこともあるとテレビ番組でも話していました」(テレビ誌ライター)

 その後、ジャニーズ事務所には、親が履歴書を送って'13年に入ったという。

海人くんはジャニーズ事務所へ入る際に、悩んだようです。振付師かダンスの先生になりたかったと話していました。でも親からは、“ダンスで食べていけるのなんて本当にひと握りなんだから”と履歴書を送られてしまったようです」(前出・スポーツ紙記者)

 そうとうダンスにのめり込んでいたことがうかがえる。

小学校の授業が終わった後に、ダンススクールに通ってレッスンを受けていただけではなく、家でも1〜2時間の自主練をし、週に何回かチームでの練習もしていたそうです」(前出・ライター)

 高橋が少年時代に通っていたのは、彼の地元・神奈川県平塚市にある『スタジオブラックン』という、'96年から本格派ストリートダンスを教えている老舗スクール。芸能界や海外で活躍するようになった生徒もいるという。

 そこで、恩師ともいうべきダンスを教えていた方に、当時の高橋について聞いた。

最初はまわりの子に誘われて来たのかな。彼は小学3、4年生だったと思います。そのころ、スクールは今とは別の場所で、ちょうど彼が通っていた小中学校の近くにあったんです

 当時の高橋は、まだそれほど目立つ存在ではなかったという。

ただ、顔が可愛らしかったことはよく覚えています。まだ幼くて声が高く、背も小さかったので、女の子のようでした。ヒップホップの男らしいフリだと、躊躇するようなところもありましたね(笑)。ダンスがきっかけで、今の活躍につながったとしたら本当にうれしいです。スクール一同、応援しています」(ダンススクールの先生)

 少年のころから練習を重ねてきたことで、キレッキレのダンススキルを身につけた高橋。ボクシングものめり込んで本物になるのかも!?