魂メンバー6人を直撃!

 バラエティー番組『VS魂』が、さらにパワーアップし、『VS魂 グラデーション』となって新章に突入。料理の値段順など、さまざまなジャンルの並び替え(グラデーション)ゲームに挑戦する。収録を終えたばかりの6人に話を直撃!

距離が近づいた証拠?

相葉雅紀(以下、相葉)「もちろん知識も必要だけど、見たことがないようなものもお題として出てくるので、まったく予想できなくて」

藤井流星(以下、藤井)「ひとりずつ(商品などの)順位を決めていくんですけど、最後の人だけ(並び順を)チェンジできる権利があるんです。そのチェンジの重みがすごいですね」

佐藤勝利(以下、佐藤)「これ3位? 4位?って、絶妙なお題が出てくるんですよ。正解したときの気持ちよさは半端ないですね。でも、ぼくはまだチームに貢献できていないですけど(苦笑)」

浮所飛貴(以下、浮所)「たしかに、勝利くんの大活躍というものを、(新章になってから)まだ見てない気が……」

岸優太(以下、岸)「厳しいな」

浮所「距離が近づいた証拠です!!」

相葉「岸くんは、好きにやってほしい(笑)」

「いやいやいや」

相葉「でもね、そのとおりなのよ!」

風間俊介(以下、風間)「岸くんは番組としての大正解を常に導き出すから、クイズの答えなんか探さなくていいの(笑)」

 番組がスタートしてから約1年半がたち、メンバー同士の絆も深まったよう。

風間「相葉さんには、いつもわれわれの空気をまとめてもらっています。それは引き続きお願いしたいですし、仲がいいあまり、ざっくばらんに好きなことを言い合う中で、もしトゲみたいなものを感じたらフォローしてもらいたいですね」

相葉「仲がよすぎてってことも、ありそうだもんね(笑)」

藤井「僕、あれやってみたいです! 相葉くん、嵐のメンバー大好きやと思うんですけど、嵐のアー写(アーティスト写真)を歴代に並べる問題」

相葉「そんなの楽勝だと思うよ! 楽屋でやる?(笑)」

「そうだ。流星くん、いろんな香水をつけてるじゃないですか。だから、匂いのグラデーションやったら面白そうじゃないですか?」

風間「それ、(番組のゲーム)グラデーションは関係なくて、楽屋で楽しむやつじゃない?(笑)」

「そうですね、じゃあ楽屋で」

藤井「なんで楽屋でおまえのこと楽しませなあかんねん!(笑)」