別居報道当日に桑島智輝氏が投稿した安達の作品(公式インスタグラムより)
【写真】安達の夫・桑島氏が投稿したスタイリッシュな“匂わせ写真”

 そんな過去の“失敗”もあってか、今回のポストセブンの取材に対して《ノーコメントでお願いします》と口を閉ざした桑島氏。そして安達はというと《セキュリティ上の問題と、子育て環境を考慮した上》と、またも否定したのだった。

 ところが、その桑島氏、報道日とその前日に自身のインスタグラムを更新。スタイリッシュで幻想的な作品のモデルを務めたのは別居中のはずの妻で、《NEUE ARBEIT》(新しい仕事)とのコメントを寄せた写真を連続投稿してみせたのだ。

別居自体は否定していない安達

 彼が“匂わせた”作品は何を意味するのか。ベテラン芸能リポーターは「双方の思惑が見え隠れしますね」と訝しがる。

「セブンさんの記事では、別居理由を“夫婦のすれ違い”として、さらに“夫の撮影を拒んでいた”としています。これが事実ならば、このタイミングで“共同作業”をアピールしてみせたのは、“夫婦関係に何ら問題はない”と主張したいのは確か」

 ただ、気になるのは安達が別居自体は否定していないこと。写真も以前に撮られたものである可能性もあり、やはり仕事上、認められない事情があって円満夫婦を装っているとも考えられる。

「もしも別居に至った原因が彼の女性関係だとしたら、カメラマンとして、それこそ“安達祐実の夫”として仕事に影響が出るのは必至。前夫のスピードワゴン・井戸田潤がそうだったように、好感度女優の祐実ちゃん相手では悪者にされるのは夫では? もしかしたら、今頃は妻との関係修復に勤しんでいるのかもしれませんね」(同・芸能リポーター)

 桑島氏の投稿後、今度は《先週夫に撮ってもらった写真載せとく!我々の写真の旅はまだまだ続く》と、インスタグラムに同じ“匂わせ”写真を投稿してはあらためて不仲を否定してみせた安達。

 結婚発表時と同様に、後に正反対の報告とならなければいいが、果たして?