テレワークなどでおうち時間が増え、同じ姿勢を続けたために上半身がどうも不調……という人も多いのでは? ゴッドハンドとして知られる骨格矯正士の清水ろっかんさんが、そんな症状をてきめんに和らげる方法を教えてくださいました。耳の穴にあるキーポイントを押すことで、こり固まった頭蓋骨周りの筋肉をゆるめることができるのだとか。さっそく試してみて!

ゴッドハンドがストレッチ法を伝授

 コロナ禍でリモートワークが増え、パソコンの前に座り続けることで、首こり、肩こり、目のかすみ……といった不調を訴える人が増えている。ストレスからくる不調も侮れず、難聴、耳鳴り、めまいといった耳のトラブル、鼻づまり、もやもやした気分も起こりやすい。

 そんななか、骨格矯正士の清水ろっかんさんは、「頭蓋骨のゆがみを耳の穴から調整すれば、首から上の不調は改善できます」と話す。

「『耳が聞こえにくい』という患者さんに頭蓋骨矯正を施すと、施術後、『よく聞こえるようになった』『耳の奥のこもりがなくなった』という声をたくさんいただきました。

 頭蓋骨が左右どちらかにズレると、ズレたほうの耳が圧迫され、鼓膜や、音の振動を脳に伝える内耳の蝸牛の機能が衰え、音が聞こえにくくなると考えられます。また、前頭骨が下がると目のトラブルにつながり、鼻骨のゆがみは鼻づまりを起こしやすくなります」

 頭蓋骨を構成している接合部は思っている以上によく動き、頭や顔の骨は簡単にゆがむという。

「頭蓋骨がゆがんでいない大人はいないといっても過言ではありません。首こりや肩こり、頭痛も頭蓋骨のゆがみと密接な関係があり、後頭骨や側頭骨を整えて、首を正しい位置に戻すことが、こりの解消につながります」

 頭蓋骨の中でも、ゆがみの解消に大きな役割を果たすのが、顔奥の中央に位置する「蝶形骨(ちょうけいこつ)」だ。

蝶形骨(色の濃い部分)は頭蓋骨の内側でほかの頭蓋骨のパーツとつながっている。蝶形骨を整えると頭蓋骨全体を調整できる

「耳の穴に指を入れると、左右の穴の大きさが異なる人がほとんどです。蝶形骨がズレると耳が圧迫され、ゆがみが強いほうの耳の穴が小さく、底が浅くなるのです。

 蝶形骨は、目や鼻、後頭骨ともつながっているため、目や鼻の働き、首こり、肩こりなどにも影響するのです。骨のゆがみではなく、聴覚の神経細胞が減ることで起こる加齢性の難聴には効果はありませんが、頭蓋骨のゆがみを解消することで聞こえやすくなる人もいます」

 そこで、ろっかんさんが誰でも蝶形骨を調整できる方法として考案したのが、耳の穴を広げることで頭蓋骨にアプローチするストレッチだ。

「耳の穴に指を入れることで、蝶形骨を刺激し、ゆがみを解消するメソッドです。朝起きたとき、とくに上を向いて寝ている人は頭蓋骨にゆがみが生じやすいので、頭蓋骨ストレッチを行って、整えてあげましょう。夜に頭蓋骨ストレッチを行うと、脳の血流がよくなって、リラックスでき、もやもやした気分も解消できます」

 この画期的なストレッチを行って、首から上の不調を改善し、スッキリとした毎日を過ごそう!