「雅子さまをご案内したのは初めてでしたが、最初から最後まで熱心にご覧になっていました。染織品や漆の工芸品の技術にも興味がおありのようで、材質や重さについてお尋ねいただきました」

 天皇・皇后両陛下は5月25日、東京国立博物館 平成館で6月26日まで開催される沖縄の本土復帰50年を記念した特別展『琉球』を鑑賞された。案内人を務めた同館の三笠景子主任研究員は、冒頭のように振り返り、こう続ける。

両陛下、地方公務はしばらく先か

「特に印象的だったのは、重要文化財である『万国津梁の鐘』をご覧になった雅子さまが、“戦争の傷ですか”と、おっしゃったことです。

 両陛下は、限られた時間の中でもひとつひとつの展示物について、じっくり語らいながら回られており、“本当はゆっくり見たい”というお気持ちが感じられました。雅子さまは、陛下のご感想に対し、繰り返し頷いていらっしゃいました」

 展覧会鑑賞などで、両陛下がおふたりで外出するのは約2年3か月ぶりのこと。

「世間では“脱・マスク”など、ポスト・コロナの動きが高まり、皇族方のお出ましの機会も日ごとに増えています。コロナ禍の約2年間、行事の中止やオンラインでの参加を余儀なくされてきましたが、皇室は“元の姿”を取り戻しつつあるといえるでしょう」(皇室担当記者)

 とはいえ、両陛下が地方へ足を運ばれるのは、まだ先になりそうで……。

「イベントなどではいまだに人数制限などもあり、完全に規制がなくなったわけではありません。そんな中、皇室が率先して“脱・コロナ”の姿勢を示すことはありえず、社会の状況を踏まえて判断されるでしょう。

 式典での対策は主催者側の判断ですが、移動時などの対策は宮内庁が主体的に講じる必要があります。皇族方の地方訪問が再開しても、両陛下はしばらく先になるのでは」(宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さん)