'04年に匿名掲示板『2ちゃんねる』(現在は『5ちゃんねる』)に書き込まれた都市伝説“きさらぎ駅”。新浜松駅23時40分発の電車に乗った女性が実在しないきさらぎ駅で下車。約4時間にわたり不可解な出来事を実況後、消息を絶った……。10年以上たった今でも、ネット上ではさまざまな臆測を呼び続けている。

 そんな“キング・オブ・都市伝説”を映画化。本作で映画初主演を飾ったのは恒松祐里。民俗学を専攻する大学生を演じ、卒業論文のために“きさらぎ駅”に行ったとされる女性(佐藤江梨子)に会いに行くと……。

「『きさらぎ駅』の撮影は22歳になる2日前から始まりました。実は私、“22歳までに映画の主演をしたい”って心の中で密かに思っていて。それがギリギリ叶いました! すごくうれしくて、すごく記念になった作品です」

 しかしながら、ホラーや異世界などの“怖いもの”は苦手。脚本を読む前はかなり身構えてしまったという。

「絶対に人のいるところで読もうと思って(笑)。でも読み進める中で“来る来る来る”という怖さより“次はどうなるの?”というワクワク感のほうが大きかったですね。いい意味での驚きが多く、余韻もあって、少し哲学的な感じもするし」

 恒松のインスタには“今回はホラーだから見に行けなくてごめんね”というコメントも寄せられたというが、

「脚本を読む前の私と同じ心境だと思うんです。でも、撮影手法もユニークで、映画を見に行くというよりは、まるでVRゲームというか、きさらぎ駅というテーマパークを体感できるような作品になっています。
異世界に足を踏み入れつつも必ず無事戻ってこられる……というのが、何よりの魅力だと思います(笑)」