《関口宏見てられない》

《関口宏あかんわ》

 5月29日に放送された『サンデーモーニング』(TBS系)を受け、ネット上に寄せられた辛辣な言葉たち。大物司会者の身に、いったい何が起きているのか─。

「この日の放送では、5月22日に行われた陸上の関東学生対抗選手権、男子5000メートル決勝の話題を取り上げました。先頭の選手がラスト2周でスパートをかけた後続の選手に抜かれたものの、ラスト1周で再び逆転したんですが、関口さんはVTR後に選手名を何度も混同。スタジオは困惑した雰囲気になりました」(テレビ誌ライター)

斎藤雅樹、上原浩治をあしらい野球ファンから反感

 別のニュースでは“懲役”を“げんえき”と読み間違えるなど、MCらしからぬミスを連発。厳しい声が上がったが、彼の“迷”司会ぶりに喝を入れたくなるのは初めてのことではない。今年1月16日の放送ではこんな場面が。

トンガにある海底火山の噴火の影響で津波警報、注意報が発令されていたんですが、発令地域を示す日本地図が画面に表示され続けたことに対し“(日本地図を)出さなきゃならないんでしょうか”と発言し、物議を醸しました」(同・テレビ誌ライター)

 災害時の不用意な発言は当時ネット上で話題となったが、関口の言動が“炎上”する流れはその後も続き……。

3月13日には、元プロ野球選手の斎藤雅樹さんと上原浩治さんに“開幕投手は名誉なことか”と尋ね、2人が“もちろんです”と答えたのに対し“ああ、そうですか”とそっけない返答を見せ、野球ファンの反感を買いました」(同・テレビ誌ライター)

上原浩治

 海の向こうのスポーツに関しても、こんな話が。

「5月8日、メジャーで活躍する鈴木誠也選手に関して野球評論家の達川光男さんが解説したものの“何なんですか?”“だから?”と会話がかみ合わず。翌週には、NBAでプレーする八村塁選手について、放送の約1か月前にはシーズンを終えていたにもかかわらず“最近あんまり聞かないね”“調子悪いんだろうね”と発言し、炎上しました」(スポーツ紙記者)

 達川は後日『週刊ポスト』の取材で「僕がいろいろと難しい説明をしちゃって」とフォローしたが、同番組ではほかにも、元プロ野球選手の江川卓に対し現役時代のプレーを腐すような発言をし、失礼すぎると批判を浴びている。