《毎回色んなコスプレしたファンが居ますが、今回は本物のウエディングドレスの人を見ました 座席3つ分の面積のスカート…隣の席の人は迷惑だろな〜と思いました もし私が隣だったら、わざとスソ踏んでやる

 5月下旬に投稿された、とあるツイートが一部のジャニーズファンによって共有されると、瞬く間に“コンサートにウェディングドレスで参戦した猛者がいる”として、多くのファンによってSNSで拡散された。すると、

非常識すぎて話にならんよね ウェディングドレスって、、笑 教会とかで着なさい!》
ウエディングドレスと花冠でLIVEきて 迷惑かからないって思ってるって 想像力の欠如がすごい
《ウェディングドレス?なんなん?迷惑かけてんのも分からんのかよ マナー守れよ!》

 “ウェディングドレスの人”に対する批判は現在も収まらず、物議を醸している。一体、何が起きたというのか。Webニュースメディアの編集者が詳細を明かす。

SNSで「まじ私ら優勝よ」

「どうも、『KAT-TUN』全国ツアーの愛知公演がきっかけみたいですね。コンサートに参加したファンの中に、純白のウェディングドレス姿にお揃いの花冠をつけた2人組がいて、周りからかなり浮いた存在に映っていたみたいですね。

 その当人とされる女性もSNSに画像をアップしていて、“かわいい”と同調するリプライには“まじ私ら優勝よ”と返し、一方で苦言に対してはどこ吹く風で“更年期?”などと応戦(苦笑)。まあ、コンサートで“ウェディングドレスを着てはダメ”と明確に禁止されているわけではないので、批判される言われはないと言えば……」

 たしかにジャニーズファミリークラブ公式HPを確認すると、《コンサート・舞台 応援マナーについての注意とお願い》として、うちわやペンライトなどの応援グッズの取り扱い、会場内での録音・撮影の禁止、座席に立ったり、席を移動することに対する注意事項はあれども、服装に関する記載はない。

 そのため友人同士でお揃いコーデをしたり、またタレントのステージ衣装に合わせて自作したりと、思いのままのファッションを楽しむファンがいることも事実。東京ディズニーランドと同様に“非日常”の世界を味わい、友人との思い出を作ることもジャニーズコンサートの醍醐味なのだろう。