1925年に発表されたアメリカ小説『グレート・ギャツビー』。何度も映画化やミュージカル化を経て世界から愛されてきた名作である。

 ‘13年に公開されたレオナルド・ディカプリオが主演を務めた映画『華麗なるギャツビー』の印象が強い人も多いだろう。日本に大勢いる“ギャツビーファン”が待ち望んだ本作は、物語の舞台を「東京」に移し、2022年版としてリメイクされた。

 6月17日から東京・日本橋にある『三越劇場』で行われるこの舞台にトム・ブキャナン役として出演する俳優・大橋典之に、役どころと作品の魅力について、緊急インタビュー!

「トムと似てるところ…ないです(笑)」

僕は主人公のギャツビーと対立するトムを演じています。派手に言い争いをする場面があるのですが、僕としてはいちばん見てほしいシーンかもしれません。結構、衝撃的なので……(笑)。

 演じる上で立ち振る舞いには気をつけていますね。トムは優しい面もあるんですけど表に出ないタイプなので、気持ちを緩めてその部分が出ないようにって。僕はいわゆる“陽キャラ”ではないと思うのですが、彼は自由奔放で少々傲慢、体育会系のノリもあるので演じることに難しさも感じます」

大橋典之 撮影/矢島泰輔

 役どころと自分のキャラクターが重ならない部分が多いというが、対人へのスタンスに関しては、似ている部分があると語る。

仲の良い身内や後輩の前だと、思わず強い自分を演じてしまうところがあるんです。仕事でうまく言えないことを身内だと強めに言っちゃうみたいな。トムに関しても、自分ができていないのに他人には説教してしまうような部分があって、自分を大きく、強く見せたい人なんだなって感じます。

 あとは全然似てるところないです(笑)。トムは超がつくほどのスポーツマンで、僕も高校は野球部でしたけど、至って普通のいち選手。彼はガツガツしてる感じですが、僕はどちらかというと消極的なので真逆のタイプですね」