元関ジャニ∞の渋谷すばるがレコード会社との契約を打ち切られていたと6月4日の『文春オンライン』で報じられた。

「'19年4月にワーナーミュージック・ジャパンと所属契約を結び、ソロ活動を本格スタートさせていましたが、今年の3月いっぱいでその契約が終了していたそうです。リリースを重ねるごとにアルバムのセールスが落ちたことや、渋谷さんが“取材嫌い”でプロモーション活動をやりたがらないことが契約終了の一因となりました」(スポーツ紙記者)

 同記事内で音楽関係者が説いているのが、“お布施”の重要性。

「コロナ禍の影響もあり、渋谷さんに限らず苦労している“辞めジャニ”は少なくありません。そのため、お布施と呼ばれるファンクラブ会員からの会費は、彼らにとって重要な収入源。どうしても死守しなくてはならないといいます」(同・スポーツ紙記者)

渋谷すばる公式サイトより、ファンクラブ『Subaru』のトップページ

 渋谷も『Shubabu』というファンクラブを立ち上げ、ブログや会報の発信、ライブチケットの先行受付を行っているが、なにやら不穏な空気が漂っている。

ファンクラブに入るメリットは少ない

「ファンクラブの会員数が、立ち上げから約3年で10分の1にまで激減しているみたいなんです。当初は5万人弱いたのが、今では5000人を切っているそうで……」(レコード会社関係者)

 退会を加速させたのは、本来祝われるべき2つの出来事だ。

「私は、昨年5月の結婚発表を機に退会しました。好きだった“アイドル”が結婚となるとファンは離れて当然ですよね」(元渋谷のファン女性)

 今年5月には第1子の誕生を発表していたが……。

「ファンクラブに入っていて得したことは、“誰よりも早く結婚と子どもが生まれたことを知ったこと”くらい。出産報告をきっかけに、退会したと言ってる子たちは多いですよ」(別の元渋谷のファン女性)

 前出のレコード会社関係者も、内情を明かす。

メディア露出が少ないことで新たなファンがつきづらく、新規の加入がほとんどありません。それに、ファンクラブに加入するメリットが少ないんです。ライブの先行受付などはありますが、渋谷さんの現状では、ファンクラブに入らなくてもチケットの確保は容易ですからね」(レコード会社関係者、以下同)

 このまま、先細りの一途をたどってしまうのか。

「この夏には、大型音楽フェス『サマーソニック』への出演も決まっている渋谷さん。関ジャニ∞のころからその唯一無二の歌声にファンは多いので、こういった外部イベントへの出演は再起のきっかけになりうるでしょう」

 どんなに“ズッコケ”ても“きばってこーぜ”!