羽生結弦が出演するアイスショー『Fantasy on Ice』が、後半戦に突入した。

「6月17~19日まで神戸公演が行われました。前半戦から出演者が変更になり、新妻聖子さんやバイオリニストのNAOTOさん、SNSの動画投稿をきっかけに若者から絶大な支持を集めるシンガー・ソングライターの宮川大聖さんなどが出演。会場での観覧のほか、国内の映画館と台湾の映画館でもライブビューイングが行われる盛り上がりとなりました」(スポーツ紙記者)

 前半では、スガシカオとのコラボレーションで『Real Face』を披露した羽生。今回も意外な曲での演技を見せてくれた。

羽生選手は宮川さんと『レゾン』という楽曲でコラボレーションしました。ファンの間では事前にSNSで、どのアーティストと何の曲をやるか、予想合戦が繰り広げられていましたが、この曲を挙げていた人はほとんどいませんでしたね」(同・スポーツ紙記者)

国際スケート連盟が新ルールを可決

 この選曲によって、同世代コラボが実現。

「タイトルの『レゾン』はフランス語で“理性”や“理由”“分別、判断力”といった意味を持ちます。今年4月に発売された宮川さんの最新アルバム『ファンタジア』に収録されていて、“何度も聴きたくなる”と人気の楽曲です。宮川さんは25歳、羽生選手は27歳と年齢が近いので、彼ら自身も楽しめる時間だったのではないでしょうか」(音楽ライター)

 多くのファンが、羽生の迫真の演技に魅了された。しかし、その直前にはある出来事に不満の声が上がっていて……。

「6月6~10日にタイのプーケットで、国際スケート連盟の総会が行われたんです。連盟役員の選挙や、来季以降のルールなどについて話し合われましたが、ルール変更の内容には、賛否両論があるようです」(前出・スポーツ紙記者)