6月8日、人気芸人との交際やセクシー女優への転身など、何かと世間を騒がせた元タレントの坂口杏里(31)が結婚したことを発表した。

「お相手はバー勤務の一般の方ながら、“元女性”のプロの格闘家。メディア出演もある人物だったことから、再び注目を集めました」(スポーツ紙記者)

 坂口が幸せな報告をする一方で、もう1人の炎上クィーン・加藤紗里(32)も意外な転身をしていた。

加藤紗里、“レンタル彼女”に参戦

「6月1日にインスタグラムで《流行りに乗って、レンタル彼女東京さんと期間限定、特別企画タイアップします》と告知したんです。その告知はすでに削除済みですが、コラボレーションすることになった会社のホームページには引き続き掲載されていますね」(ネットニュース編集者)

 タイアップ先である『レンカノTOKYO』のホームページを見てみると、トップページに「加藤紗里レンカノ参戦!詳しくはこちら」と銘打たれており、かなり目立っている。

 ランチタイムでの食事限定で、気になるデート費用は「???円」とのこと。

 利用者側で希望金額を決められるようだが、やはり反響は大きいのだろうか。運営会社に聞いてみると、

「ドラマ化もされたコミック『明日、私は誰かのカノジョ』を読んでレンタル彼女に興味を持ったそうで、加藤さん側からやりたいというお話をいただきました。

 タレントさんなので、特別価格での設定をさせてもらっています。問い合わせは多いものの、通常よりもかなりお高いので、現段階では実際にレンタル彼女として成立した方はいませんね。お店だけでなく、加藤さんのSNSに直接問い合わせをしてくるケースも多いそうです」(担当者)

 レンタルが成立していないのであれば、店としてはメリットがあまりなさそうだが……。

加藤さんのお値段を聞いて予算的に諦めた方が、当社のホームページを見てほかの女の子を指名してくれることも少なくないので、宣伝効果は抜群。コミックの影響などもあって、レンタル彼女をやりたいという女の子は増えているものの、コロナ禍もあり男性からの希望件数自体は減っているので、今は供給過多の状況なんです。

 今でも女性からは多くの応募がありますが、9割は断っていて、採用しているのはセクシー女優やタレントの卵などレベルの高い子がほとんど。“こんなかわいい子がいるんだ”と、みなさん驚かれるみたいです」(同・担当者)