《チケット売り上げ20億、ペイパービュー50万件25億 スポンサー5億、計50億。》

 6月19日に開催された格闘技イベント『THE MATCH 2022』の“成功”を、『K-1』創始者である石井和義氏がイベント終了直後、自身のツイッターで報告。ツイートには『THE MATCH』製作実行委員会の榊原信行氏との“ガッツポーズ”ツーショット写真が添えられていた。

《サーバー落ちないabemaが1番凄い》

 同イベントは、キックボクシングのRISE王者・那須川天心とK―1王者・武尊の“世紀の一戦”が行われるとあって大注目だった。招待席と思われる一帯には、山下智久、西川貴教、ローラ、TAKAHIRO・武井咲夫妻、松田翔太、RADWIMPSの野田洋次郎、三浦翔平ら多くのタレントも集結した。

 しかし、開催前にはひと悶着が。

「今回の『THE MATCH』は、ネットテレビ『ABEMA』にて独占生配信となりましたが、当初はフジテレビによって地上波放送が予定されていました。しかし、大会まで3週間を切った5月31日に同社公式ホームぺージで“主催者側との契約に至らず、フジテレビで放送しないことが決まりました”と発表。具体的な理由は明かされていませんが、『THE MATCH』大会実行委員の榊原氏と反社会勢力との関係が報じられたことが理由ではないかなど、さまざまな憶測を呼びました」(スポーツ紙記者)

 “トラブル”を経て、放送に至ったのはネットテレビの『ABEMA』(旧称・『AbemaTV』)。フジが自ら逃した“チャンス”は、冒頭のような“巨額”に化けた。天心・武尊の世紀の一戦とともに視聴者から評価を得たのが、放送したABEMAだった。以下はツイッターにあがった声だ。

《50万人のPPV生放送でもサーバーが落ちず画質安定して配信し続けたのabemaもすごいな》

《こんだけ視聴者いっぱいいんのにサーバー落ちないabemaが1番凄い》

《誰も言ってないけど1回も落ちなかった ABEMAの鯖とインフラ班、最強》

《今Abemaで昨日の天心-武尊の無料放送やってるんだが、同時接続103万人。Abemaのサーバーすごいな!》

《DAZNなんかでやっててみ すぐに鯖落ちしてクルクル地獄で観れなかっただろうな そう考えるとAbema神》

《Abemaのサーバーがどの選手より一番打たれ強かったかもしれない》