大きな事件から、あまり知られていない小さな事件まで。昭和から平成にかけておきた事件を“備忘録”として独自に取材をする『事件備忘録@中の人』による「怖い女」シリーズ第4弾。ここ最近、都内をはじめ各地で「誘拐予告」が相次いでいるが、今回お届けするのは「迷子をよく見つける女」。兵庫県・西宮市で起きた、なんとも不可解な女の行動。幼児連れ去り事件とはーー。

◆   ◆   ◆

 幼児を連れ去ったり、危害を加える許されざる事件。そう聞いた時、あなたはどんな犯人像を思い浮かべるだろうか。

 2011年3月、熊本にあるスーパーの障害者トイレで、3歳女児が当時大学生だった男によって殺害された事件。あれから10年以上経過しているが、被害者遺族の手記が公表されたことで改めて事件を忘れてはならないと思った人も多いだろう。

 SNSでも子どもから目を離してはいけないこと、ひと目のある公共の場所でも安心できないことなどが再確認の意味も込めて話題となったが、いずれもその犯人像は男性が前提となったものだった。

 たしかに、過去の幼児連れ去りや殺害に至るような事件の加害者は男性であることがほとんどである。しかし中には女性が加害者だったケースも実はある。

 2006年(平成18年)に西宮で起きた事件がそれである。

何度も迷子を見つける女

 そのショッピングモールでは、他の施設同様、日ごろから迷子が発生していた。

 6月のある日、迷子の一報を受けモール内を捜索していた警備員は、該当の迷子と同じ服装、年恰好の子を抱いた女を発見、女に尋ねたところ「迷子を見つけた」と話した。

 幼児はすぐに保護者に引き渡され一件落着したかに思えたが、その一か月後、またもや迷子を見つけたとして、同じ女が幼児を連れて現れた。警備員は、同じ人間が短期間に迷子ばかり見つけるということに違和感を覚えた。

 実は、6月の迷子騒動の際、幼児の保護者が気になる話をしていたのだ。

 そもそも迷子になったとされる子どもはベビーカーに乗せられていて、勝手に歩き回れない月齢だった。加えて、保護者はその女についてこう話していた。

 「あの女がずっと付近をうろついていた」と。

 警備員から女の不審な点の報告を受けた店側は防犯カメラを確認、するとあの女が迷子を連れてショッピングモールを出て、その後1時間経過してから再びモールに戻ってきていたことが分かった。女はそんな話はしていなかった。そもそも、迷子を見つけたらすぐに近くの店員に声をかけるのではないか。

 女の行動は、まるで自分が母親であるかのように堂々としており、迷子を見つけた人間の行動とはとても思えなかった。

 店側は8月に入って警察に相談、警察は女が現れ不審な行動があれば通報するように指示した。

 そんな中、新たな事件が起きた。

 9月5日、西宮駅近くの公園に女の子が倒れていると通報があった。救急搬送されたのは2歳の女児で、頭部にケガをしていて意識混濁の状態だったが一命はとりとめた。

 女児は例のショッピングモールに母親と来ていたが、母親が知人と話をしているすきに姿が見えなくなっていた。

 警察はショッピングモール及び周辺のその日の防犯カメラ等を確認。すると事件発生直前に“あの女”がモールを訪れていたこと、そして被害女児を抱きかかえるなどしていた様子が目撃されていたことなどから、その女が事件に関与しているとして事情を聴いたところ、女児と接触し、連れて歩いていたことを認めたため逮捕となった。

 女は事件現場とショッピングモールにほど近い場所で一人暮らしをする、当時24歳の看護師だった。

 調べに対し女は、「暗い気持ちを晴らそうと思った」「かわいい子だったので声をかけた」と話していたが、女児がケガをしていたことについては何も知らない、気づかなかったと否認した。

 そして、「女児の様子がおかしくなり、よく見ると頭にこぶが出来ていた。救急車を呼ぶより自分で運んだ方が早いと思ったが、途中で公園のベンチに寝かせて助けを呼びに行った。しかしすぐに人だかりができたので、これで助かったと思った」と供述。誘拐する意図もなく、女児のケガについては無関係と主張した。

 ちなみに、女児を連れまわした理由は「トイレに連れていくため」だった。公共のトイレより、すぐ近くの女の自宅のトイレの方が女児が安心できると思った、という理由だったが、到底納得できるものではない。