「ヤノマミたちと暮らした日々が、裸になることをいとわない僕の原点です。僕の人生を変え、生きる意味を教えてもらった貴重な経験を、なんとかして形にしたかった」

 俳優の原田龍二(51)がこのたび、自身初となる小説『精霊たちのブルース』(万代宝書房)を上梓した。

 内容は、文化人類学を学ぶ男子大学生が、アメリカ人の担当教授とともにフィールドワークでベネズエラのジャングルに行き、少数先住民のヤノマミ族と交流するというもの。紀行小説でもあり、若者の成長譚でもある。

 原田といえば、以前から裸の仕事を朗らかにこなすことでおなじみだったが、2019年に複数のファン女性との不倫が発覚。粛々と仕事をこなしほとぼりが冷めたころ、今度は妻の原田愛(48)がタレントとして芸能界に復帰。CMで共演するなど、生きざまを隠さない姿から、現在では“全裸俳優”とも呼ばれている。

男も女もほぼ全裸の土地で

 そんな原田に、小説家デビューの意気込みを直撃した。

「20年ほど前、テレビ番組の企画で、ベネズエラの奥地に住んでいるヤノマミ族に会いに行ったんです。ヤノマミとは、彼らの言葉で“人間”という意味なのですが、そこで彼らは人間の根源ともいえる生活を送っていました。

 草木や土の強い匂いがする土地で、狩りや採集をし、子どもを育てている。そして、自分たちを守ってくれる存在である目に見えない精霊を敬う。男性も女性も、ほぼ裸です。そんな彼らを見て、自分はこれまで『どれだけうわべをつくろった生き方をしてきたんだ』と衝撃を受けました