今年4月、Netflixが発表した第1四半期の決算業績が話題を呼んでいる。

「増加を続けてきた有料会員数が全世界で20万人も減少しています。ロシア、ウクライナ情勢の影響でロシアでのサービスを停止したことが理由の1つですが、それ以外にもアジア圏以外では、家計の見直しで動画配信のサブスクを解約する家庭が増えているという背景もあるようです」(ITライター)

 '97年にアメリカで設立されたNetflix。オンラインでのDVDレンタル事業から始まり、'07年にストリーミング配信サービスに移行したことで急成長。'15年に日本版が誕生すると、フジテレビと提携を結び、共同でオリジナルコンテンツを制作することを発表。フジテレビを代表する人気恋愛リアリティーショー『テラスハウス』の配信などで会員数を増やしていった。

「日本版では吉本興業やジャニーズともタッグを組み、'16年にはお笑いコンビ・ピース又吉直樹さんの同名小説をドラマ化した『火花』や、ジャニーズWEST主演の『炎の転校生REBORN』などを制作しましたが、大きな話題にはなりませんでした。日本での会員数が大きく伸びたきっかけは、'19年に配信が開始されたAV監督・村西とおるさんの半生を描いた『全裸監督』のヒットでしょう」(テレビ誌編集者)

サブスクの王様・Netflixの敗北

『全裸監督』で知名度を一気に高めたところ、'20年2月には日本国内でも新型コロナウイルスの感染が拡大。巣ごもり生活の浸透により動画配信サービスに加入する人が増えたことで、日本でも“動画サブスクの王様”と呼ばれるほど、会員数が急増した。

Netflix『全裸監督』ワールドプレミア('19年7月)

実はここにきて、日本国内でもその人気に陰りが出始めているんです。昨年11月にオリコンが発表した『満足度の高い“定額制動画配信”』ランキングでは、ディズニー+(プラス)がNetflixを抑え、初の総合1位に輝きました。特に女性や10~20代からの支持率が高いことが明らかになったんです」(広告代理店関係者)

 コロナ禍の影響もあり、需要が高まる動画配信サービス。広告費が大きく減少し、苦戦を強いられているテレビ局も動画配信に活路を見いだすなど、“戦国時代”といえるほどに、競争が激化している。

「ディズニー傘下の会社が運営しているHuluですが、日本では日本テレビに事業承継しています。フジテレビはオリジナルドラマにも力を入れているFOD、テレビ朝日はKDDIと共同でTELASA、TBSとテレビ東京はWOWOWとともにParaviを設立。受信料を徴収しているNHKも有料でNHKオンデマンドを始めるほどです(苦笑)。各局ともオリジナルコンテンツ制作を強化するなど、力を入れています」(前出・テレビ誌編集者)

 ほかにもNTTドコモが提供するdTVとアニメに特化したdアニメストア。スポーツ専門のDAZNなど、国内だけでも30サイトほど乱立している状況だ。そこに新たな刺客が……。