山下達郎のメディア露出ラッシュが止まらない。6月21日には46年ぶりに『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のパーソナリティーを務めた。

「6月22日に発売されたオリジナルアルバム『SOFTLY』のプロモーションですね。全国ツアー中のため、事前に収録した録音放送となりましたが、そのことを“私、来年で齢70、前期高齢者ですからね。どれだけ働かせるんだというね(笑)”とグチっていました」(音楽ライター)

音声だけのテレビ出演

 ここ数年、山下はライブを中心に活動を続けていた。

「サブスクリプションでの配信が主流となり、もうCDのアルバムを出すことはないと思っていたといいます。それで、ライブがメインの活動になったわけですが、コロナ禍でツアーができなくなってしまった。曲作りに集中できる環境ができて、アルバム制作に乗り出したようですね」(同・音楽ライター)

 山下はサブスクには否定的で、「恐らく死ぬまでやらない」とウェブメディアのインタビューで話している。

「最近では珍しいタイプですよね。でも、山下さんは音楽を直接、人に伝えたいという考え方。テレビに出ないことに加え、アリーナのような大きなステージでライブをやらないのもそれが理由でしょう。サブスクに関しては、“表現に関わらない人間が曲をばらまいて儲けているのはおかしい”と語っていました」(同・音楽ライター)

 そんな“NG”を隠さない山下が、音楽バラエティー番組の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演したことは、関係者やファンを驚かせた。

インタビュー時の写真と、山下達郎の音声が流れるというシュールな放送に

「昔からテレビには出ないことで有名ですからね。今回もインタビューの音声を流すだけで、映像はナシ。ポリシーは守ったわけですが、異例であることは確かです。2週にわたって放送され、山下さんの音楽に対する考えが聞けたのは貴重な機会でした」(テレビ誌ライター)

 妻の竹内まりやも普段なら絶対に出演しないような番組へ、サプライズ登場した。