《自分の情けない話は抵抗もなく書けるんですが、俳優はあまりパーソナリティをつまびらかにするべきではないのかなとも思っていました》

 Webのインタビューでそう語るのは松尾諭。NHK朝ドラ『エール』、映画『シン・ゴジラ』など、多くの作品で活躍する名バイプレーヤーだ。その半生を描いた同名のエッセイをドラマ化した『拾われた男』が、『NHK BSプレミアム』とディズニー公式動画配信サービス『Disney+』で放送・配信中。

「松尾さんのためなら」と豪華キャストが集結

「俳優を目指して、金もツテもないまま関西から上京。オーディションに落ち続けるも、道端でたまたま拾った航空券が縁で芸能事務所に“拾われ”て、夢をつかんでいく……というストーリーです」(テレビ誌編集者)

 航空券を拾ったことで芸能事務所に所属する……という作中のエピソードは、20年以上前の松尾の実体験。彼と運命的な出会いを果たした所属事務所の会長・花村ひろ子さんは、当時をこう振り返る。

「警察署からの電話で航空券を落としたことに気づいて、拾い主の彼から直接受け取ることになったんです。会った際に“劇団のオーディションを受けに東京に来た”と言うので顔を見てみたら、減りつつある貴重な日本男子顔。存在感がいいなと思い、後日、事務所に連れていきました」

 花村さんが会長を務める芸能事務所は、日本初のモデルクラブで、所属していたのもモデルばかり。事務所スタッフは驚いたという。

「その前にも私が俳優を何人か所属させていたのですが、社内会議で“もう1回ビジュアル重視の採用に戻そう”と決まった直後に松尾を連れてきて……(笑)。スタッフはみんな困惑していましたね」(花村さん、以下同)

 ドラマ版では松尾をモデルにした主人公を仲野太賀が、兄役を草なぎ剛が演じているが、それも松尾の人徳によるものだそう。

「意外かもしれませんが、松尾は周りから可愛がられるタイプ。今回のドラマも豪華なキャストがそろいましたが、その中には“松尾さんのためなら”と参加してくださった方たちがたくさんいるんです」