かつて『炎の体育会TV』(TBS系)で、KAT-TUN・上田竜也率いるジャニーズ陸上部の一員として活躍していたジャニーズJr.・鈴木舜映(しゅんえい)が、6月に事務所を退所し、新宿・歌舞伎町のホストとして再始動したという。この思わぬ転身に、SNS上のジャニーズファンは衝撃を受けているようだ。

 鈴木は2012年にジャニーズ事務所に入所。Kis-My-Ft2やSexy Zone、King & Princeなどのバックダンサーを務めたほか、『炎の体育会TV』や『SASUKE』といった人気番組に出演するなど、負けず嫌いで肉体自慢のJr.として知られた存在だった。

HPには『元有名事務所所属』と紹介

卓越した身体能力を誇りながら、おっとりとした中性的な雰囲気のギャップが、鈴木の魅力の一つでした。しかし、以前からデビューは厳しいだろうと目されていたのも事実。というのも、ジャニーズはここずっと、人気Jr.グループから順々にデビューしていく流れにあるのですが、鈴木はグループに所属していない、いわゆる“無所”のJr.だったんです。

 ジャニーズは昨年、Jr.に『定年制度』を設けることを発表しており、具体的には、『満22歳到達後の最初の3月31日までに、Jr.本人と事務所が活動継続について合意に至らない場合は、活動を終了する』という制度が、来年3月31日からスタートするそう。1997年生まれの鈴木は、自身の将来を考えた結果、退所に踏み切ったのだろうと見られています」(芸能記者)

 こうして、10年間のJr.活動に終止符を打った鈴木は、退所直後からSNSを開始。Instagramでは、ピンクコーデに身を包み、鎌倉でスイーツを堪能する写真や、江ノ島で筋骨隆々の肉体美を披露する写真、京都旅行中の和服姿の写真などを次々とアップし、ファンを喜ばせていたが、退所後の具体的な活動内容は明かされず。そんな中、6月29日に、YouTuberグループ「東京ラビッツ」の新メンバーとして活動することを、同チャンネルの動画「【再始動】炎上してから一年…。」で発表したのだ。

「『東京ラビッツ』は、2020年にジャニーズ事務所を退所した元Jr.・仲村陸がリーダーを務めるYouTuberグループ。仲村は昨年5月、元交際相手である人気YouTuber・Rちゃんから、自身の留守中、自宅に女性を連れ込まれたことや、ケンカの際に首を絞められて警察沙汰になったことを暴露され、大炎上。謝罪動画をアップしたものの、『東京ラビッツ』のチャンネルを閉鎖し、舌の根の乾かぬうちに新チャンネルを開設して再始動を図ったことから、さらなるバッシングに晒されました。

 その後、YouTubeから姿を消した仲村は、今年2月より新宿・歌舞伎町の『G』というホストクラブで働いているそうで、ホストクラブ紹介・ホスト求人サイト『ホスホス』の同店スタッフページでは、『元有名事務所所属』と紹介されています」(同・前)