「仕事の合間に事件のニュースを見て、聞いたことのある名前やと思った」

 そう話すのは、容疑者の高校時代の同級生だ。

 7月8日、日本中を震撼させる事件が起きてしまった。奈良市の近鉄大和西大寺駅前で安倍元首相が自民党候補の応援演説中、手製のハンドガンで撃たれたのだ。現行犯で逮捕されたのは、奈良市内に住む元海上自衛隊員の無職・山上徹也容疑者(41)。安倍元首相は救急車とドクターヘリを乗り継いで奈良県立医科大付属病院に搬送されるも、同日午後5時すぎに死亡が確認された。銃弾は心臓にまで到達していたという。

 事件現場にいた目撃者によると、山上容疑者は終始、冷静に犯行に及んでいたとのこと。このような凄惨かつセンセーショナルな事件を起こした容疑者の素顔とは……。

応援団に所属するも存在感は薄かった

 冒頭の同級生によると、

「山上くんは高校時代、応援団に所属していたと思います。私たちの世代は野球部が強く、甲子園に2回も行けましたから。3年生の時、春の選抜高校野球大会ではベスト8まで勝ち進み、準々決勝で横浜高校の松阪大輔さんに完封負けしましたね」

 全校応援のスタンドをけん引した応援団だったが、山上容疑者の様子は全く覚えていないという。別の同級生もこう話す。

「寡黙でどこか闇を抱えているようなタイプでした。みんなで和気あいあいとしているときも交じろうとせず、ひとりで黙々と何かをやっていましたね。成績はそこそこで、運動神経はいいほうだったと思います。印象が薄いので、これといったエピソードは特に思い出せないんです」