今年、ソロデビュー35周年を迎えた工藤静香が、精力的に歌番組に出演している。

「6月22日にはテレビ東京系の『テレ東音楽祭2022夏』に、7月2日には日本テレビ系『THE MUSIC DAY 2022』に登場しました。7月20日にはアルバムの発売も予定しており、35周年はますます盛り上がるでしょう」(音楽ライター)

 さらに、新たな取り組みも。

公式TikTokアカウントを開設したんです。若者ユーザーが中心のTikTokですが、すぐにフォロワーは2万人を突破。楽屋で過ごす様子が多く投稿されており、鏡越しに静香さんと会話しているかのような動画が楽しめます」(同・音楽ライター)

 6月27日に投稿されたのは、静香が愛してやまない干し芋について語る動画だ。

「干し芋のパッケージを見せながら“この干し芋がすごく美味しくって。紅はるかがやっぱり美味しいかな”と、こだわりを明かしています。この動画にファンから寄せられていたのが、“『Supreme』の袋に入ってない!”というコメントでした」(グルメ誌編集者、以下同)

静香が愛する“干し芋”のお値段

日本一のさつまいもを使用した工藤静香お気に入りの干し芋(公式ホームページより)

 “『Supreme』の袋”とは、5月に公開された『VOGUE JAPAN』YouTubeチャンネルの動画で、静香が“干し芋入れ”として愛用していたもの。

「手が汚れないように、ラップで個包装にしたものを『Supreme』のジップロックで持ち運んでいたんです。30枚入りで5000円、1枚あたり約166円のセレブ価格なんです。TikTokで公開された動画を撮影した日は、たまたま使っていなかったのでしょう」

 一方、干し芋は庶民にも手が届きやすい価格で……。

「TikTokで紹介している商品は『株式会社照沼』という、茨城県にある創業60周年を超える老舗メーカーの、紅はるかを使用した平干しのもの。200gで900円と、干し芋としては一般的な価格帯のものですね」