「小さい時から、ずっと楽しいことを探しています」

 タレント、俳優、歌手だけでなく情報番組のMCやコメンテーターとしても活躍中の上地雄輔。

 4日にスタートした連続ドラマ『ちょい釣りダンディ』(BSテレ東毎週月曜深夜0時~)では、主人公・檀凪子(臼田あさ美)が勤める建築設計事務所の社長を演じる。

 阿鬼乱太原作の人気コミックをドラマ化。会社帰りや仕事の合間に“ちょい釣り”を楽しむヒロインとその周りの人間模様を描く。

 上地演じる天王寺は、凪子の仕事ぶりを評価し趣味についても理解を示す。

理想の上司のイメージは、その人の可能性をどんどん増やして選択肢を与える。その選択がどういうふうにしたら成功するのか、どうしたらよくなるのか。自分がわかる範囲でひとつでもふたつでも言いすぎることなくアドバイスできる人です。
僕自身の理想の上司は恩師でもある(母校の)横浜高校野球部の渡辺(元智)監督。いまだに交流があり魅力的ですてきな方です」