昨夏、『東京2020パラリンピック』の閉会式。熱戦を見守り続けた聖火は『この素晴らしき世界』のピアノ演奏とともに消えていき、幕を閉じた。演奏をしていたのは“7本指のピアニスト”西川悟平。

 プロとしてN.Y.で活躍していたが、26歳のときに手の指が内側に曲がってしまう“局所性ジストニア”を発症。5人の医師から“今後、一生ピアノは弾けない”と宣告されるも、絶望の淵から立ち上がり、“7年かけて1曲”という気の遠くなるような壮絶なリハビリをへて、右手の指5本と左手の親指と人さし指で演奏ができるように。今では世界中で奇跡の音色を響かせている。

 実は西川が起こしてきた奇跡は、これだけではない。その人生において“さすがに無理でしょ”という局面を、持ち前のマインドと実行力で切り開き、また切り抜けてきた。

泥棒とのウソのようなリアル体験が舞台に

 そんな奇跡のひとつ。8年前のリアル体験が『7本指のピアニスト〜泥棒とのエピソード〜』として舞台化される。

「すごくうれしいし、幽体離脱したような気分です(笑)。“事実は小説より奇なり”っていうけど、まさに僕の人生は奇なり。こんなの、ないから(笑)。しかも、僕を演じてくれるのはEXILEの松本利夫さんですよ?」

西川悟平 撮影/矢島泰輔

 舞台はN.Y.、ジストニア発症後、ピアニストとして再起した西川がひとりで暮らす部屋。深夜に2人組の泥棒に入られ、謎の液体入り注射器を突きつけられる。

「すごく怖くて、腕からガタガタ震えて。でも、部屋を物色する泥棒を見ているうちに、“どういう家庭環境で育つと、人の物を盗む人間になるんだろう?”と。恐怖心が好奇心へと変わっていき、どうしても聞きたくなって“どんな子ども時代を過ごしたの?”と話しかけました

 “黙れ!おまえに俺のクソみたいな人生がわかるか!”と怒鳴りながらも、泥棒は壮絶な幼少体験を話し始める。

「涙が止まりませんでした。“大したものはないけど、何でも持っていって”と言いました。また、おいしい日本茶があったので、彼らに淹れてもてなしました」

 その後、8時間(!)も会話を続ける中で、泥棒のひとりの誕生日が近いことが判明。西川が『Happy Birthday to You』を弾くと、泥棒は泣いていたという。

「僕がカーネギーホールの大ホールで演奏する夢を語ると、“そのときには招待してくれるか?”と。“もちろん”と答えました。

 その後、僕の部屋の鍵の壊れた窓を修理してくれて、“戸締まりには気をつけろよ”と泥棒は帰っていきました」

 1年後、カーネギーホール・大ホールのVIP席に座ったジャケット姿の2人の男。それは……!