なにわ男子インタビュー

 昨年のなにわの日(7月28日)に、メンバー全員が号泣しながらCDデビューを発表。11月12日のデビュー日には、大阪から東京までチャーター機で移動し、羽田空港のJAL格納庫でデビューイベントを開催と、記憶に残る一年を過ごしているなにわ男子。グループとしても、ソロ活動でも躍進が止まらない7人のファーストアルバムが完成! 

 デビューシングル『初心LOVE(うぶらぶ)』や先日リリースしたばかりの『The Answer』(道枝主演のドラマ『金田一少年の事件簿』の主題歌)『サチアレ』。そして、関西ジャニーズJr.時代のオリジナル曲も収録している。

高橋恭平(以下、高橋):僕はメンバー最速で(レコーディングが)終わりました。全部の曲が僕の音域と合ってたのかなって思います。スタッフさんにも「(声に)合ってるね」って言われる曲が多かったですね。

大橋和也(以下、大橋):恭平と逆で僕は『妄想っちゅーDiscooooooo!!』のレコーディングにかなり時間をかけました。「こんなんどう?」とかスタッフさんと話しながら、いろんなバージョンを録音して。すごく楽しみました!

大西流星(以下、大西):大阪らしい、トンチキソング(遊び心のあるタイトルや歌詞の、エンタメ性の強い曲)をアルバムに入れてほしいと思っていたので、『妄想っちゅーDis cooooooo!!』を初めて聴いたとき、すごくうれしかったです。『ダイヤモンドスマイル』や『初心LOVE(うぶらぶ)』のような王道のアイドルソングだけじゃない、なにわ男子の奥深さを知ってもらえると思います。

西畑大吾(以下、西畑):“Love”“ちゅきちゅき”“アイラブユー”。アルバムや曲のタイトルだけ見ても愛にあふれてる。ここまで愛情表現が豊富なアルバムって、なかなかないんじゃないかなって思えるところが、気に入ってますね。

なにわ男子が思う、意外にキラキラしている瞬間

 リード曲は、Jr.時代からの代表曲を新録した『ダイヤモンドスマイル』。

大西:この曲は、自分たちが思い描く理想のアイドル像を表現していて。なにわ男子として、デビュー以前からテレビ番組やイベントといった、いろんなステージや場面で歌ってきた思い出が積み重なっている特別な曲です。

 いろいろな感情を込めて歌い続けてきたけど、ここでまたブラッシュアップされて、ファーストアルバムっていう、すごくきれいなタイミングでリード曲として世に出ることになって。『ダイヤモンドスマイル』も「俺、リード曲なん!?」って、びっくりしてると思う(笑)。

大橋:聴けば聴くほど、いい曲なんです。ファンタジーな世界観で、例えば歌詞の“プラチナのジェットにのって”とか、どういうことなのかな?って思ってたときもあったけど(笑)、歌ったり聴いたりしてるうちにめちゃくちゃええ曲やなって。

西畑:ミュージックビデオ(MV)では、その“プラチナのジェット”を用意していただけました。歴代の僕らの衣装が飾られた展示場みたいなものもあったり、すごくすてきな作品になってます。大切な曲やからこそ、MVという映像として残るのは、すごく誇らしいですね。

 MVでも、曲のタイトルのようにダイヤモンドのようなキラキラした笑顔を見せてくれているメンバーたち。最近、メンバーが特に輝いていると思った瞬間は?

長尾謙杜(以下、長尾):みっちー!! 『金田一少年の事件簿』で「じっちゃんの名にかけて」って決めゼリフを言う瞬間が最大にキラキラしてた!

藤原丈一郎(以下、藤原):確かに!!  謙杜がキラキラするのは、おねだりしてくるとき。「え、俺も欲しい、ジュース買ってください!」って(笑)。マジで目が輝く。

西畑:丈くんは、カッパのとき!(バラエティー番組で1時間かけてカッパに扮し、大西にドッキリをしかけた)

大西:あれ、めっちゃキラキラしてた~(笑)。(ドッキリが成功して)すごく達成感のある顔をして、輝いてましたね。

西畑あんな丈くん見たことないよってくらい、キラキラしてた(笑)

高橋365日、毎日輝いてますよ。

大橋:丈くんが? 自分が?

高橋:7人全員。ひとりひとり違うキラキラで。

高橋以外の6人:おぉ~!