《参加するすべてのアスリートや彼らを支える関係者のみなさま、番組を楽しみにしている視聴者のみなさまへ向けて、25年の集大成として、感謝と思いを込めて、熱く伝えていきたいと思います》

 TBSが1997年から中継をスタートした『世界陸上』。2年に1回行われてきた大会で、18回目となる今年は“陸上の聖地”と呼ばれるアメリカ・オレゴン州ユージーンで7月16日から行われる。そして『世界陸上』といえば、中継がスタートしてからMCを務めてきた、織田裕二の顔を真っ先に思い浮かべる人が多いだろう。

 だが今年の大会は織田にとって特別な大会となる。13大会連続で務めてきたMCを今大会で卒業することが発表されたのだ。冒頭のコメントは、自身のMC最後となる大会へ向けた、彼のコメントだ。『世界陸上』の織田といえば“熱さ”と“名(迷)言”がセットになって語られてきた。

「織田裕二さんの『世界陸上』からの卒業というのは、極端に言えば平成の初めくらいから続いてきた、“熱いイケメン”の時代の終焉を感じます

 こう話すのば、週刊女性の連載でもお馴染みの芸能評論家・宝泉薫氏。織田が25年のMCに幕を下ろすということで、宝泉氏とともに、彼の“名(迷)言”を振り返りつつ、その功績に触れていこう。

何やってんだよ、タメ!

『地球に生まれてよかったー!』は、僕は素晴らしい言葉だと思っているんです」(宝泉氏・以下同)

 2007年の大阪大会の男子100m決勝で、ジャマイカのパウエル選手とアメリカのタイソンゲイ選手の走りが見られることについて、織田の口をついた言葉。

「実際のところ、織田さん自身はコメントがそんなに上手い方ではなく、ある種の押しの強さや勢いで勝負するタイプだと僕は思っています。 感動を表すときに使う“生まれて初めて”や“生きている気がする”という言葉と、地球というスケールに組み合わせているのが上手いです」