「基本的に周囲の人は織田さんのMCぶりを褒めてくれるじゃないですか。山本高広さんにマネされて、多少はイヤだったかもしれませんが(笑)、何回も続けているということは、本人も世間の評判も悪くないのだろうと思いますよね。

 陸連と織田さんサイドの間に入ったTBSも“そろそろ、落ち着いたトーンの実況もいいと思います”といった説得をしたのではないでしょうか。ただ、織田さん本人は“言葉の魔術師”のようにコメントができる人ではないので、限界がきちゃったのかなと。それが2015年の女子100m決勝に出場した、ジャマイカのシェリー・アン選手に対する『アニメのラムちゃんを思い出すなぁ……』のコメントになったのでは」

 シェリー・アン選手はこのとき、髪の毛を緑色に染めた姿を見せていた。織田は、アニメ『うる星やつら』のヒロインと重ね合わせたのだ。

「この辺りは、本人も熱いボルテージが下がってしまって、なんとなくMCが“接待”になってしまっている気がします」

織田のバトンを受け取るMC

本業はもちろん「俳優」の織田裕二。当初は『世界陸上』MC起用に疑問の声も
【写真】不仲説も飛び交った織田裕二と中井美穂、『世界陸上』最新ショット

 さて、織田が去った後の『世界陸上』だが、宝泉氏はバトンを渡す次のMCについてこう語る。

「難しいでしょうね。1度くらいならやっても、と思う人はいるかもしれない。これまでは織田裕二さんという存在が、テレビ的な意味では1人で番組を背負ってきたと思います。彼がいなくなると、これからの『世界陸上』を放送するTBSはツラいと思いますよ」

 16日から10日間、織田裕二の“ラストショー”が始まる。今回、宝泉氏はどんなことを彼に期待するのか?

「感涙にむせぶ、なんて場面があって欲しいですね。ただ今回、アスリートの中に視聴者やMCを魅了する“物語”を持った人がいるのか……。

 スポーツの感動は、アスリートが背負った物語から発生するので、そういう流れがないと盛り上がらないですよね」

 確かに、日本人で金メダル候補といえるアスリートは報じられていない。もしかしたら、25年のMC人生に幕を下ろす、織田自身の“物語”が涙を呼ぶことになるのかもーー。

ほうせん・かおる アイドル、二次元、流行歌、ダイエットなど、さまざまなジャンルをテーマに執筆。近著に『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)『平成の死 追悼は生きる糧』(KKベストセラーズ)

取材・文/蒔田稔