13日、暴露系YouTuberとして世間を賑わせてきた「ガーシー」こと東谷義和氏(50)が自身のインスタグラムで、とあることを報告した。登録者数120万人超えのYouTubeメインチャンネルおよび、40万人超えのサブチャンネルがともにアカウント停止になったという内容だ。

ガーシーチャンネルが消えた

「東谷さんのYouTubeについては、今月いくつかの動画がプライバシー侵害と注意喚起を受けたことから、自ら全ての動画を削除していたようです。動画の多くが100万~300万再生数でしたので、十分に収益を得たとの判断もあったのかと思います。

 以降はYouTubeの生配信を主な発信手段とし、アーカイブは残さずに、自身の熱心な視聴者に暴露の拡散を呼びかけていました」(Webライター)

 参議院選挙でNHK党の比例代表当選が確定した11日には、喜びの様子をInstagramで投稿していた東谷氏。

 その興奮が冷めやらぬ中、同日中にYouTubeのメインチャンネルが1回目の違反警告を受け、投稿やライブ配信などの操作が1週間できなくなったことを同じくInstagramで報告。「とゆう事で、今日のライブ、サブチャンネルでやります笑」とも綴っていた。

 ところが13日になり、YouTubeの「認証エラー」が発生したことをInstagramで報告し、

「メインチャンネル・サブチャンネルともにアカウントバンされました笑」

「予想の範囲内。このインスタもTikTokも時間の問題やろ」

 と明かした。その後、YouTubeは一時停止されただけの可能性もあるとして、「削除なのか一時停止なのかを調査中」と訂正している。

 ただ、これまでに東谷氏は規約違反などでフォロワー40万人超えだったTwitterアカウントをBANされている。何度も別のアカウントを作成しなおしたり、「ガーシーの舎弟」名義のアカウントも作成させたが、いずれも凍結され発信ができない状態に。

 議員となったことで、あらためてアカウントを作成できないか確認したが、やはり永久凍結ということに変わりないと通達されたようだ。