「ゼミを履修している友人がショックを受けている。学生に理解があってフィールドワークに積極的で、講義もおもしろかったそう。いまだに事件が信じられない、人間不信になりそう、って……」

 と被害者と同じ大学に通う女子学生は打ち明ける。

 教え子に睡眠薬を飲ませて自宅でわいせつな行為におよんだとして警視庁麹町署が準強制わいせつの疑いで7月7日に逮捕したのは、大妻女子大学(本部=東京都千代田区)の元教授・桶田敦容疑者(64)。6月26日、夜もふけきらない時間帯の犯行だった。

教え子の女子生徒に睡眠導入剤を飲ませて…

「同じ大学の20代女子学生を自宅マンションに誘いこみ、ふたりきりのシチュエーションで食事をごちそうし酒をふるまった。ひそかに酒に睡眠作用のある薬を混ぜたとみられ、口にした女子学生は次第に意識がもうろうとしてきたという。桶田容疑者は“睡眠導入剤を入れた酒を飲ませ、ベッドで休んでいるときに身体を触りました”などと容疑を認めている。薬で抵抗できない状態にしてからわいせつ行為におよぶなど犯意は強く、手口は卑怯きわまりない」(全国紙の社会部記者)

 事件の容疑者、被害者の双方が通う大学の反応はかなり早かった。逮捕前の7月1日、桶田容疑者のセクシャル・ハラスメント行為を確認し、事態を深刻に受け止めるとして懲戒解雇処分に。逮捕時の肩書きが「元教授」となっているのはそのため。処分は、就業規則と学校法人のハラスメント防止対策規定に基づくとしており、被害学生の苦しみに寄り添う姿勢を明確にしている。

 逮捕当日は学長名で、

《本学元教員が、教育者として恥ずべき行為を行ったことは到底許されることではなく、極めて重大なことと受け止め、被害学生並びに在学生、保護者、卒業生をはじめ多くの関係の皆さまに心からお詫び申し上げます》

 などとコメントした。

 桶田容疑者は元TBS解説委員。専門分野は「災害報道」でメディア関係論に詳しく、同大では2019年から文学部コミュニケーション文化学科で教授を務めていた。

 事情を知るTBS関係者はこう話す。

「大学で修学した地震・火山噴火にかかわる報道をライフワークとし、福島第一原発事故では何度も現場に足を運んでいる。さらに約5年後には同系列の地元テレビ局に転職し、家族を残して単身、福島に移住した。気骨ある大物OBといえるが、下半身は別人格だったのだろう」