7月も半分が過ぎ、学生にとっては待ちに待った夏休みシーズンがやってくる。受験生たちは夏期講習に通うなどして勉強に打ち込む時期だが、あのタレントも同じ状況のようだ。

「小倉優子さんが今年2月からTBS系のバラエティー番組『100%アピールちゃん』の企画で早稲田大学教育学部への合格を目指し、受験勉強中です。早朝の喫茶店で参考書を広げて勉強している様子が報じられています」(芸能プロ関係者)

インテリ芸人は「受かると思う」

'01年のデビュー当初は“こりん星”出身という不思議ちゃんキャラで売り出していた彼女だが、今や3人の子を持つママタレとして活躍している。

「'11年にカリスマ美容師と結婚し2人の男の子を出産しましたが、夫の不倫が原因で'17年に離婚。'18年末に歯科医の院長を務める男性と再婚したものの、'19年末から別居しています。タレント業とワンオペ育児に加えての大学受験ですから、そうとう大変だと思いますよ」(スポーツ紙記者)

 かつては法政大学に通っていたとも言われている小倉。現在は英単語や漢字、古文単語などの“暗記モノ”を中心に勉強しているようで、7月11日の放送回では、昨年の高3全国統一模試の英語に挑戦したのだが……。

「結果は100点満点中の20点でE判定。同じテストを受けた受験生の平均点は51点だったので厳しい結果となってしまいました」(同・スポーツ紙記者)

 同番組に出演したインテリ芸人『ロザン』の宇治原史規は、この結果に苦言を呈するのかと思いきや、

「単語の暗記を中心に勉強している小倉さんに感心しながら“(来年の)2月の段階でA判定が出てれば問題なし。受かると思う”と前向きなコメントをしていました。しかし、早稲田大学教育学部といえば、偏差値は65から70ほど。教育評論家の尾木直樹さんや政治家の辻元清美さんら知的なイメージの方たちを輩出している難関です。本番までは半年以上ありますが、本当に問題なしと言える状況なのかどうか……」(同・スポーツ紙記者)