1987年に結婚し、今年結婚35周年を迎えた歌手の研ナオコさんと夫の野口典夫さん。コロナ禍に始めたYouTubeでの2人のほのぼのとしたやり取りが、今、「理想の夫婦」と反響を呼んでいる。夫の立場である野口さんが心がけている、夫婦で楽しく暮らすためのコツとは?

夫婦ふたり、ケンカや言い合いはない

「お母さん(研さん)は2人で家にいるとき、2~3時間平気でテレビを観ていたり、沈黙していられるタイプ。僕は反対で、何かしていたいんですよね。2人でいると、つい間をもたせたくて次々と冗談を言ったり、よくふざけたりします。10個ぐらい冗談を言って3つ笑ってもらえたら上出来かな。たまに『お父さんうるさい』って言われちゃうけど(笑)

 と、野口さんは2人の性格の違いを教えてくれた。

 話しかけるのは、研さんの空気を読むという意味合いもあるという。

「お母さんがしゃべらないのは機嫌が悪いとかではなくて、何かに集中していたり、単にぼーっとしていることもある。ときには『今はひとりになりたいんだな』と思うこともあるので、そういうときは干渉しないようにします」(野口さん、以下同)

 以前は子育てについて意見が食い違うこともあったが、夫婦2人暮らしになってからはケンカや言い合いをしたことはないそうだ。

「ただ2年に1回ぐらいのペースで、お母さんの中で『何か違う』と思うことはあるみたいですね(笑)。そんなときは何も言わずに寝室にこもって、2日後ぐらいにどんな違和感があったかを具体的に話してくれます。だからお互い冷静に話し合える。僕も怒ったり、感情をそのまま人にぶつけることはしません。それはどんな人間関係でもよくないことだと思うんです。そこはお互い似ているかもしれませんね」