ロックバンド・男闘呼組が期間限定で復活した。成田昭次、高橋和也、岡本健一、前田耕陽のメンバーで、7月16日放送のTBS系『音楽の日2022』にサプライズ出演し、29年ぶりのステージを披露。さらに、2023年8月までの期間限定で「男闘呼組 1988」として活動することも発表された。

《イケオジでしょ〜。本物のやつ〜!》

 1988年にジャニーズ事務所からデビューした男闘呼組。しかし、1993年6月をもって高橋がジャニーズから解雇され、グループは活動休止状態に。その後、成田と前田も退所し、現在もジャニーズに所属するのは岡本のみとなっていた中、今回の男闘呼組再始動が発表され、ネット上のファンも盛り上がっている。

「なお、今年の『音楽の日』では、MCの中居正広が急性虫垂炎で入院したため出演を取り止めていましたが、男闘呼組の事前収録には立ち会えていたとして、番組ではその時の記念写真が公開されました。これに対し、男闘呼組ファン、また中居ファンも大歓喜。というのも、中居は男闘呼組をリスペクトしていることで知られているからです」(スポーツ紙記者)

 中居は1991年、SMAPの一員としてジャニーズからデビュー。彼らにとって、男闘呼組は先輩にあたる。SMAPは2016年12月末に解散し、中居も2020年4月に独立しているが、男闘呼組への思いは変わっていないようだ。

 自身の公式サイト「のんびりなかい」でも、『音楽の日』収録にて男闘呼組と撮影したオフショットを公開した中居は、「ね〜、最高だったでしょ〜。久しぶりに、ピリッとする様な同窓会の様な、私にとっていい時間でした。エンタメっていいですね〜!ほら〜、超シブでしょ、エグいっしょ、イケオジでしょ〜。本物のやつ〜!」と、嬉しさが滲むコメントも掲載。ネット上のファンも「会えて良かったね!」と、一緒に喜んだ。

「中居だけでなく、SMAPメンバーはかねてから男闘呼組へのリスペクトを口にしてきました。たとえば、2004年放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)にSMAPが出演した際も、やはり“男闘呼組愛”を語っていたんです」(同・前)