「ふたりはラブラブで、手を繋いで買い物に出かける姿をよく見かけましたよ。女性はほとんどスッピンだったからか、40歳も歳の差があるようには見えなかった」

 と同じアパートの住民は突然の出来事に驚いていた。

  埼玉県警大宮署は9日、同県さいたま市北区のアルバイト・内田芳夫容疑者が自宅アパート内で、交際していた女性Aさん(30)に8日から9日にかけて暴行を加えたとして、傷害の疑いで逮捕した。

「容疑者は就寝中のAさんの顔面などを手拳で、両足をゴルフクラブで複数回、殴打した。容疑者がその時酒を飲んでいたのかはまだ不明だが、暴行後にそのまま寝てしまった。翌朝になってAさんが起きてこないことから、事の重大さに気づいた容疑者が慌てて119番通報。救急車が到着したときには、すでにAさんは亡くなっていました」(全国紙社会部記者)

 仲良しだった“年の差”カップルにいったい何があったというのか。

 ふたりはおよそ3年前に交際を始め、同居していたと報道されている。40歳という年齢差があるものの、ふたりとも結婚を望んでいたが、

「内田さんの90代になる母親が反対していたみたいです。“歳の差がありすぎるし、彼女には子どもがいて、前夫とちゃんと別れているかどうかもわからないから”って」(同アパートに住む主婦)

 内田容疑者は幼稚園とスイミングスクールの送迎バスの運転手を掛け持ちするほどの働き者だったという。

「内田さんは約8年前からこのアパートに住んでいたけど、彼女と会うまではずっと独身。口数が少なく、穏やかな人でね。今でもあんなことをするような人とは思えないよ」(同・主婦)

 容疑者のアパートは築40年で、間取りは2DK、家賃月5万円だった。そこにAさんが転がり込んできたという。

「彼女もおとなしい人で、こちらから話しかけないと話さない人でね。昼間、内田さんが働いている間は家でお酒を飲んでいたみたい。内田さんも酒好きだから、いつも大量のビールの空き缶がゴミに出ていた」(同・主婦、以下同)

 別の住民からはこんな話も。

もしかしたら酔った勢いでカッとなって…

「内田さんが“Aさんはずっと家にいるのに家事を全くしない”と愚痴っていました。もしかしたら酔った勢いでカッとなって彼女を殴ってしまったのかもね……」

 事件の真相を知るべく、まずは容疑者の母親を訪ねた。するとドア越しに、

「事情がまったくわかりません。相手の方のことも何もわからないので……」

 と応じただけだった。