7月18日、報道関係者に届いたのは、羽生結弦のマネジメント会社『Team Sirius』からの記者会見の案内だった。

「そこには“弊社がマネジメントしている羽生結弦(ANA所属)による決意表明の場として下記のとおり記者会見を開催いたします”とありました。具体的に何を話すかは明かされておらず、現役を続けて4回転半に挑み続ける決意なのか、引退して新たなフィールドに行く決意なのか、さまざまな臆測を呼びました」(スポーツ紙記者、以下同)

 記者会見当日の19日朝、『日刊スポーツ』が報じたのが“羽生結弦引退”だ。

現役を引退して、プロに転向する意思を固めたという内容でした。記事によると、羽生選手には自身が座長を務めるアイスショーを創設する夢もあると書かれていました

 そして、17時から都内のホテルで羽生の“決意表明”の会見が行われた。

「会見が始まる数時間前から、190席が用意された会場には多くの報道陣が詰めかけていました。“羽生結弦引退”の報道を受けて、いったい羽生選手は何を語るのかという緊張感が漂っていましたね」

プロ転向を伝えたのは“数日前”

 語られたのは、次のような内容だった。

「まだまだ未熟な自分ですけれども、プロのアスリートとして、スケートを続けていくことを決意いたしました。(中略)これからはプロのアスリートとして、そして、スポーツであるフィギュアスケートを大切にしながら、加えて、羽生結弦の理想を追い求めながら、頑張っていきます。どうか、これからも戦い抜く姿を、応援してください」

 羽生は、フィギュアスケートの新シーズンが始まる7月1日に更新された日本スケート連盟(以下、スケ連)の公式サイトに、特別強化選手として“今シーズンもより高みを目指して頑張ります”というコメントとともに掲載されていた。これを“現役続行”と受け取るファンも多かったが……。

この時点で、一部の関係者は羽生選手のプロ転向の決断を耳にしていたそうです。しかし、スケ連に伝えたのは会見数日前。スケ連の関係者数名と、羽生選手のご家族、羽生選手のマネージャーなどが参加する話し合いの場が設けられたそうです」(フィギュアスケート関係者、以下同)

 あまりに直前となった報告に、不穏な空気が漂っている。

「スケ連は羽生選手の競技生活を多方面からサポートしてきましたし、今シーズンの試合の出場の調整などもありますから、プロ転向を考え始めた段階で相談してもおかしくないはず。それなのに会見直前まで伝えなかったのは、やはりスケ連との間に何か因縁を感じますよね……」