8月5日は『タクシーの日』。どんな客でも、目的地に運んでくれる便利なものだが、ときには人ではない者が乗り込んでくることも。毎年『心霊スポット巡礼ツアー』を開催している三和交通のタクシードライバーが写真とともに振り返る恐怖体験を、今ここに─。

そこにいたはずの女性が……

「何があったのか知りませんが、乗車されている間、延々と“バカなの”“死ね”“殺すぞ”の3ワードしか言わないお客様がいました。そんな言葉を言い続ける方ですから、何をされるかわからない。やっぱり怖いですよ」

 苦笑いを浮かべながら語るのは、横浜を中心にタクシー・ハイヤーサービスを展開する三和交通の竹内乗務社員。タクシー運転手ならではの理不尽かつ恐ろしい体験は、枚挙にいとまがないという。

 さらには、こんな“怖い”話を続ける。

「深夜、まったく人けのない街道沿いを走っていると、信号付近でぼーっと立っている女性が見えたんです。タクシーを拾うために手を上げるかなと思って注視していたのですが上げない。ですから、そのまま通り過ぎたんです」

 タクシー運転手は、後方確認をすることが職業病になっているという。そのため、竹内さんもバックミラーをのぞき込んだそうだ。

「いないんですよ。まったく姿がなくなっていて……。ホントにあった話なんですけど、ベタですかね? ははは」

 いやいやいや。普通は、そんな体験なんて一生に一度あるかどうか。「私は霊感が強くないんです」と竹内さんは笑うが、昼夜問わず、いたるところへ乗客を運ぶタクシー運転手だからこそ、そんな不思議な体験も“あるある”話になってしまうのかもしれない。

 こうした体験を逆手に取って、竹内さんが所属する三和交通では、2015年から『三和交通タクシーで行く、心霊スポット巡礼ツアー』を開催。竹内さんも、昨年今年とツアーの運転手を務めるという。このツアー、夏の大人気企画として定着し、今年は2400件を超える応募があり、抽選倍率は60倍(!!)を超えるまでに。応募する約7割は女性で、カップルや親子で参加する人もいるという。

 一体どんなスポットを巡るのか? 三和交通広報部の小関正和さんは、「実際に乗務社員が過去に恐怖を感じたスポットを巡るようにしています」と説明し、その一例を披露する─。

「心霊スポット巡礼ツアーの1年目から運転していた乗務社員だったのですが、彼は霊感が強い人でした。その彼が教えてくれた体験です」(小関さん)