重岡大毅インタビュー

「覚悟して死のうとしているはずなのに、お腹が減る。望もうが望むまいが、“生きる”ということを捨てられないのは、人間くさいなあと。そこが北の魅力かなと思います」

 放送中のドラマ『雪女と蟹を食う』で主人公の北を演じている重岡大毅。原作は同名の人気マンガだ。北は冤罪をかけられ人生に絶望。自殺を図ろうとするも一歩を踏み出せず、「北海道でかにを食べてから死のう」と思いつく。そして資金調達のため強盗に入った家の謎多きセレブ人妻・彩女(入山法子)と、北海道への奇妙なふたり旅が始まる――。

死のうと思ったことがない

 今まで演じてきた役柄とはかなり振り幅がある役。演じるには覚悟が必要だったという。

「原作を読んで、これは相当気合を入れていかなあかんなと思いました。死のうと思っているのを演じるって、大変なんですよね。僕は思ったことがないから、自分の中のどういう気持ちを使えばリアルなのか、北になれるのか。そこを噛み砕くのが大変でしたね。ただ、自分の感情を押し殺すことはあるなと思いました。そういうときって、やっぱりツラい。そんなことをすごく考えました」

 “自殺は自分の中にはない”とサラリと語り、生きることにとても熱い男に見える重岡。その原動力を聞くと、「え!? わかんないなあ。死にたいと思わないんだもん」と苦笑しつつ、

「シンプルに、生きていたいと思うんですよね。楽しいことをしたいから。幸せになりたいし、夢もかなえたいし……。でも単純に眉毛が太いから、そう見えるだけちゃいます?(笑)」

 では、もし自分が北のように冤罪に巻き込まれたら?

「うーん……必死に否定すると思うなあ。北は誰も信じてくれなくてみんな離れていっちゃうけど、僕の生きているところでは、そうはならないと思うから。だから(北より)もっと抵抗できると思う。北は、そこがツラかったんだと思います」