本格的な夏に突入! 東京も34℃を超える暑さが続き、加藤家では熱中症などに気をつけながら楽しい毎日を過ごしています。

 7月はお中元のシーズンでした。お友達から北海道の大きなさくらんぼや真っ白なピュアホワイトというトウモロコシなど旬の食材をたくさん頂きました。

 トウモロコシはゆでるだけではなく、炊き込みご飯にして食べたら絶品。芯まで入れるとうまみがしみ込んで本当に何杯でもおかわりできます。加トちゃんも「美味しい美味しい!」と普段よりもたくさん食べてくれました。

トウモロコシを使ったレシピを大公開!

トウモロコシの炊き込みご飯

(1)トウモロコシをそいでいき、トウモロコシの芯とそいだトウモロコシを2合のお米の上におく。 

(2)1に白米2合分まで水を入れる。お酒…大さじ2、しょうゆ…大さじ1、コンソメ、塩…各小さじ1を入れて通常炊きで炊く。仕上げにバター20gを入れて混ぜればできあがり!芯からもうまみが出て最高にパワーがつきます。

 本当に暑い日々が続き、冷たい飲み物やエアコンなどで気がつかないうちに身体が冷えきってしまってませんか? 加トちゃんと私は最近、クーラーなどで固まってしまう身体をケアするために股関節を緩めるストレッチをしています。

 上半身のこった部分や下半身の筋肉をあらかじめ動かしておくと、全身の血流が促されやすくなるそうで。基礎体温がアップする効果もあるみたいなので、毎日欠かさず取り入れるようにしています。そして意外にも、入浴後は身体が冷えやすいので注意してくださいね。

お肉と魚と野菜。バランスよく食べられるように気を配っています!

 あと気をつけているのは加トちゃんの食事管理。この時季は、冷たい飲み物や冷たい食べ物を取りがちなので『高齢で身体の温度調整がしにくいのではないか?』と思っていて。食事はできるだけ温かいものを出すように心がけています。

 冷たい麺類は暑い日は食べやすいのですが、温かいスープやおみそ汁も毎日飲むように。夏でもさっぱり味にした鍋もやりますよ! 野菜と鶏団子の鍋は加トちゃんも大のお気に入りで食欲がない日も食べられます。タンパク質も豊富なのでおすすめ。食でしっかり栄養を補って、夏バテしないようにいろいろ取り組んでいます。

 皆さまも健康第一で暑い夏を乗り越えましょう。

かとう・あやな●2011年に加藤茶と結婚。夫を支えるため「介護職員初任者研修」(旧ホームヘルパー2級)、「介護福祉士実務者研修」(旧ホームヘルパー1級)を取得。