「真夏の暑さに負けず、みんなのパッションを感じましたし、選手もそうですけどコーチ方も熱く盛り上げてくださって、楽しくできましたね」

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団したティモンディの高岸宏行。7月25日に栃木市のエイジェックさくら球場でチーム練習に初参加し、キャッチボールやサインプレーの練習などを約2時間行った。

芸能人最速の142キロ

「高岸さんは愛媛県にある野球の名門・済美高校出身で、高校時代はプロから育成選手で指名する話も来ていたほどの実力の持ち主。卒業後は東洋大学に進学して野球を続けましたが、3年生のときにけがをしてプロの道を断念。お笑いの道に進んだという経緯があります」(スポーツ紙記者)

 名門校で汗を流したものの、高校時代にも挫折を経験している。

「愛媛大会では決勝戦で敗退し、憧れだった甲子園のマウンドに立つ夢が叶えられなかったんです。そのため同じチームで頑張っていた相方の前田裕太さんは、“芸人として売れて、高岸を始球式で投げさせるのが夢”とずっと語っていました」(お笑いライター)

 デビューから5年がたった2020年、神宮球場で行われたヤクルト対広島戦で初めての始球式に挑んだ高岸は、夢を叶えたうれしさから“男泣き”。キャッチャーを務めた前田と抱き合う姿は、多くの反響を呼んだ。

「昨年4月に行われた札幌ドームでの日本ハム対ロッテ戦の始球式では、“芸能人最速”となる142キロを計測。そんな実力を評価した栃木ゴールデンブレーブスが、今年6月に高岸をスカウト。トライアウトに無事合格したことでプロになる夢を叶えました」(前出・スポーツ紙記者)