「事件を起こしてからは一度も連絡ないよ」

 そう話すのは、田口翔被告が住んでいた山口県阿武町にある一軒家の大家だ。

1日、山口県阿武町で起きた誤送金で逮捕されていた田口翔被告が保釈された。その資金提供を行なったのは、あの人気YouTuberのヒカルだった。

「ヒカルさんの会社で田口被告を雇用し、山口県内で働けるようにリモートワークの調整もしているそうです。保釈日当日には、ヒカルさんのYouTubeチャンネルで被告の独占インタビューを配信し、大きな話題となりました」(スポーツ紙記者)

 誤送金騒動が起きたのは今年4月。新型コロナウイルス感染症対策のひとつとして生活困窮者への支援が行われたのだが、そこであり得ないミスが起きる。

「1世帯につき10万円の給付金が配られるのだが、阿武町役場の職員のミスで1世帯に4630万円を振り込んでしまった」(全国紙社会部記者)
 
 事務手続きの際の手違いで大金を振り込まれたのが、同県の他の町から移り住んでいた田口翔被告だった。

空き家制度で阿武町に移住した田口被告

「阿武町に増えている空き家を有効活用するために、町が運営するこの制度に登録すると、借りたい人とマッチングしてもらえるというもの。田口被告もこの制度を利用した移住者でした」(近所の住民)

 被告の住んでいた空き家は、農機具がたくさんあり、比較的キレイな状態のため、人気の物件だったという。

「田口被告の前には、地域おこし協力隊やIターン移住者、警察官などが借りて住んでいたらしいよ。犯罪者の前に警察官が住んでいたとは……なんとも皮肉だよね(笑)」(同・近所の住民)