新型コロナウイルス感染症などで、発熱や痛みがあるときに医師が処方してくれる解熱鎮痛薬の「カロナール」の不足が問題になっています。発売元の製薬企業は、すべての注文に対応することが難しくなっていることを受け、出荷量を調整するため厚生労働省と検討を始めたそうです。

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

 もし今、高熱が出たら飲む薬はなく、ガマンするしかないのでしょうか。3回目、4回目の新型コロナワクチンを接種しようと思っている人は、接種部位が痛くなったときに飲む薬がなかったら、痛みに耐えるしかないのでしょうか。

 結論からいうと、カロナールの代わりに使える薬はありますから、心配しなくても大丈夫です。

「カロナール」は商品名

 カロナールが不足しているというニュースを見聞きして、「コロナに感染したり、ワクチンを接種したりしたときに熱や痛みが出たら、ほかの薬は使えるの?」「もし、代わりの薬がなかったら、ひたすらガマンするしかないの?」。そんなふうに不安になった人がいるかもしれません。

 でも、どうか安心してください。繰り返しになりますが、カロナールには代わりになる薬があります。

 少しややこしいかもしれませんが、「カロナール」は解熱鎮痛作用がある「アセトアミノフェン」という薬の成分につけられた商品名です。

 食品で例えると、わかりやすいかもしれません。

「ミネラルウォーター」には、「い・ろ・は・す」「天然水」「クリスタルガイザー」「ウィルキンソン」など、メーカーによってさまざまな商品が販売されていますよね。それと同じように、「アセトアミノフェン」という薬の成分に対して、複数の製薬会社がさまざまな商品名をつけて販売しているのです 。

 それが以下の表になります。

東洋経済オンライン

 これを見ていただけるとわかりますが、カロナール以外にも同じ成分の薬はいくつかあります。