《マスク 付けるのは 個人の自由で 勝手にすれば良いと思うけれど いつでも こんな真夏でも 大人が 無意味に外でも付けたりすると いつまで経っても 子供達がマスク取れないんだよ!! 子供達に強制するな!!と思う》

マスク着用への不満を大爆発

伊原剛志のツイッターより
伊原剛志のツイッターより

 このような文面に“#コロナ脳”というタグを付け、自身のツイッターに投稿した俳優の伊原剛志。

 その十数分後にも、1か月半ヨーロッパでマスクなしで生活をし、人混みやハグ、“濃厚なキスシーン”なども経験したものの、

《でもコロナにかからなかった。偶然? 不思議やね!!》

 と、現在の日本のコロナ対策に疑問を投げかけるような私見を投稿したことが一部で話題となった。

「伊原さんはこれまでにも国内のマスク生活に対する疑問を投げかけるような投稿をたびたび行ってきたようですが、映画撮影のために滞在した、フランスでのマスク無し生活の快適さから、帰国後、一気にイライラに火がついたようなペースで持論を展開していますね」

 とあるスポーツ紙記者は言う。

 これ以前にも、

《何故、芸能人・有名人は 発言したらアカンの? 意味わからん!!》

《マスクしてるのに 感染者世界一 マスクに説得力無し!! ちゃうの???》

 と、マスク着用への不満を爆発させるかのような投稿が確かに目立ち、日を追うごとにエスカレートしている印象を受ける。

「伊原さん自身も“個人の自由”と記してはいますが、アンガー・マネジメントなどとは無縁の、勢いにまかせたかのような投稿は、若干、“引く”受け取られ方をしてしまい、一種のラインを超えたようにも感じられます」(同前)

 さらに、投稿内容が決めつけのようなスタンスであることを指摘する。冒頭のツイートに《大人が 無意味に外でも付けたりすると いつまで経っても 子供達がマスク取れないんだよ!!》とあるが、この“無意味”に関して、次のように続ける。

「世の中の多くの人は、おそらく“無意味”につけている人は少ないのではないでしょうか。ご自身や周りの方が海外で感染しなかったことと、マスクなし生活との因果関係のエビデンスもありません。伊原さんがおっしゃるように、“不思議”の範疇でしかないものです。

 そして《子供達に強制するな!!》と言っていますが、特にされていないはずです。逆に今年の夏は熱中症対策のため、細かな条件のもと、場や状況によってはマスクを外すことも推奨されてきたわけですから。ご自身の実体験をとおして感じたんだと思いますが、人によっては”日本は遅れているマウント”を取っているのでは、と感じるかもしれません」(同前)