近年、大手コンビニが売り場を広げているのがチルド惣菜。賞味期限がお弁当より長くて便利なのに加え、外食控えの巣ごもり消費で売り上げアップ。しかも、コンビニ食の常識を超えるおいしさでヒット商品が続々登場している。

おいしくて日持ちする「チルド惣菜」は最新技術の賜物

 チルド惣菜は、「食材の風味や食感は残るが日持ちしないお弁当やおにぎり」と、「長持ちするが食材の風味や食感が損なわれがちなレトルト食品」との中間的存在。そんなイイとこどり商品のカギは殺菌技術と包装技術にある。

 従来の高加熱処理に比べて、食材の品質が損なわれにくい「高圧殺菌」や「低温殺菌」といった技術と、窒素や二酸化炭素などのガスを充てんしてパッケージする「ガス置換包装」といった技術の組み合わせで、おいしくて日持ちする商品を実現している。

各社しのぎを削る激アツ商材、本当に美味しいのは?

 中でも大ヒットしているのがセブンイレブン(以下「セブン」)のプライベートブランドの「金のシリーズ」。高価格帯だが自炊や外食のレベル以上の満足感で、単身世帯だけでなくファミリー世帯にも人気。

「名店とのコラボや期間限定の企画商品など、コンビニの商品開発には意欲を感じます。中でもチルド惣菜はレンチンとは思えないクオリティーです」と、スペイン料理店オーナーシェフのおおつきちひろさん。ご自身もコンビニのチルド惣菜を買うことがあるそうだ。

 NHK『ガッテン!』の料理回でディレクターを務めた石川範子さんも「1人分でコスパが悪いかと思いきや、意外とそうでもない。食べたいものをちょうどいい量で食べきれる手軽さでシニアに人気なのも納得」と言う。

 今回はおふたりに、コンビニ大手3社のセブン、ファミリーマート(以下「ファミマ」)、ローソンのおかずやおつまみの売れ筋10品を食べ比べ、それぞれの勝者をジャッジしてもらった。高ポイントを獲得する商品はいったいどれだ!

【今回調査したチルド惣菜】
〈対決1〉ハンバーグ
〈対決2〉肉じゃが
〈対決3〉酢豚
〈対決4〉だし巻き玉子
〈対決5〉海老チリ
〈対決6〉さばの塩焼き
〈対決7〉ポテトサラダ
〈対決8〉生ハム
〈対決9〉もつ煮込み
〈対決10〉軟骨から揚げ

※商品の価格は編集部調べ(2022年7月現在)