「8月31日の夜、小室さん夫妻の住まいの近くで28歳の男性と33歳の女性が、相次いでステーキナイフで刺される事件が起こりました。逮捕された33歳の男性が住んでいたのは、眞子さんがよく買い物に行くとされるスーパーマーケットのすぐ近くにあるシェルターでした」

 そう話すのは、米・ニューヨークの在留邦人向け新聞『週刊NY生活』の発行人兼CEOを務める三浦良一さん。シェルターとは、ホームレス向けの一時避難施設を指す。

小室夫妻の自宅は対象外となったもの

「小室さん夫妻が住んでいるヘルズ・キッチンは、訳すと“地獄の台所”。映画『ウエスト・サイド・ストーリー』の舞台としても知られています。'90年代半ばまで、かなり治安が悪く、荒廃していました」(在米ジャーナリスト)

 経済発展とともに、高級マンションや飲食店が立ち並ぶようになり、人気エリアとして認知されるようになったが、

「最近は再び以前の姿に戻りつつあります。理由は2つ。まず、ニューヨークの刑務所がコロナ感染拡大の温床になったため、'20年の春に当時の市長が1500人以上の服役囚を釈放したことです。結果的に市全体でホームレスが増加しました。

 さらに、ニューヨーク州が不法移民を積極的に受け入れているという事情も。眞子さんの自宅近くにある赤十字の大規模なシェルターには、多くの市民権を求める人たちが集まっています」(三浦さん)

 今年2月には眞子さんの自宅前で発砲事件も発生した。

「皇室を離れて民間人として暮らす眞子さんには、表立った警護態勢は敷かれていません。1人でふらりと買い物に行く姿もたびたび目撃されていますが、いつ何が起きてもおかしくない状況です。

 銃犯罪が横行していることを受けて、ニューヨーク州では9月1日から銃規制が厳格化されました。タイムズスクエアをはじめとする一部地域では銃の所有が禁止されましたが、眞子さんの自宅は対象外です」
(皇室担当記者)