「新事務所の法人登記上の読み方は『エイチ・ゼット・ヴィレッジ』です」

 5年の沈黙を破り、新事務所『HZ VILLAGE』を設立。自ら社長に就任した中森明菜(57)が、いま話題だ。

8月末にSNSのアカウントが開設され、新たな公式サイトが公開されました。復帰も近いと、期待が高まっています」(スポーツ紙記者)

 そんな明菜を支援するのが、冒頭で会社名の読みを説明する男性なのだが、何者なのか?

背後に“別の支援者”の存在

明菜さんが立ち上げた新事務所の監査役に就任している弁護士のA氏です。A氏は東京大学を卒業し、留学先の名門・ペンシルベニア大学では法学修士を取得しているエリート。もともとは弁護士でしたが、'07年から弁護士任官制度を利用して裁判官に。'14年に50歳で依願退官し、今は再び弁護士として活動しています」(同・スポーツ紙記者)

 さまざまな人に裏切られてきた明菜だけに、清廉さが求められる元裁判官がサポートするなら安心できそう。

新たに開設された明菜のツイッターには明菜の近影とファンへの手紙が

「一部報道で、A氏は“代理人弁護士”として前事務所に契約解除のために接触をしたと話しています。なので、背後には“別の支援者”がいるはず。また、明菜さんが新事務所を設立したのは、前事務所にいても活動見込みが立たなかったからともA氏は話している。20年以上も一緒だった前事務所社長との間に何が……。明菜さんがいちばん信頼している人だったのですが」(同・スポーツ紙記者)

 明菜が新たに設立した新事務所の会社登記では、東京都板橋区に彼女が住んでいることになっている。その住所を訪ねると、地上3階建ての一軒家が。近隣で話を聞くと、

普通のご家族がお住まいですが、明菜さんを見かけたことはありません」(近隣住民)

 と話すだけ。明菜の痕跡は、建物駐車場に設置されたばかりと見える『中森』と書かれたポストのみ……。