新しい地図を立ち上げて9月22日に5周年を迎える草なぎ剛。主演映画にギターライブ、勝負飯から愛犬クルミちゃんことまで、近況をじっくりインタビュー!

――映画『サバカン SABAKAN』が好評です。映画を見た感想はいかがですか?

「子どもたちの純粋無垢な演技が心を打つというか、内容自体は悲劇的な出来事もあるんですけど、子どものリアルな日常が描かれていて見終わった後、心が洗われるようなすてきな映画でした」

――語り手の草なぎさんの声にも癒されました。

「ありがとうございます。『ブラタモリ』もやってるのでよろしくお願いします(笑)。でも、見てくださった方たちから本当によかったって言っていただくので、まだという方もぜひ見てほしいです」

ギターを通して出会いがあって人生が豊かになった

――8月31日、9月1日には『はっぴょう会2』が開催されました。

『はっぴょうかい2』にて自画像とのツーショットでギターを弾くつよぽん。ほんのり似てる……?

「今回は3年ぶりで、もう少し早くやりたかったという思いもあるんですけど、2回目ができたことが本当にうれしくて。

 素人に毛が生えたような初心者の僕が、名だたる有名ミュージシャンの方たちと同じステージで演奏できるなんてすごいことですよね。本当にギターを好きになってよかった。ギターを通していろんな人に出会って、僕の人生が豊かになりました

草なぎ剛

――10月1日からは三谷幸喜さん演出・脚本の『burst!〜危険なふたり〜』で、香取さんと二人芝居も。7年ぶりの上演ですね?

慎吾とふたりの芝居で、また再演できるというのは特別な思いがありますね。あれから7年もたってるし、ふたりの空気感がどうなっているのか楽しみです

――息の合わないふたりがストーリーの軸になっていますが、逆に香取さんと“気が合うな”と思うのはどんなところですか?

「ないかな(笑)。ないというか、何を考えてるかっていうのはだいたいわかるんだけど、好みがまったく違うふたりだから。それが逆にいいというか、好みが違うから刺激があるし、その違うところをお互い楽しめてるんですよね。……ってことは、すごく気が合ってるのかもしれない(笑)」