9月18日NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第36回は中川大志(24)演じる畠山重忠の乱が描かれた。

 重忠の長男・重保(杉田雷麟)に息子・政範(中川翼)を殺されたと思い込んだりく(宮沢りえ)が執権である夫・時政(板東彌十郎)に諫言し、鎌倉殿から畠山一族の追討の命令が下る。北条義時(小栗旬)らは重忠の潔白を知りながらも、泣く泣く討伐に向かうというもの。

『鎌倉殿の13人』北条政範役の中川翼

SNSで絶賛のシーン

 軍勢に取り囲まれた重忠に義時は馬を捨てて体当たりして一騎打ちを挑む。剣を捨てて、拳で殴り合う肉弾戦の末、重忠は義時を組み伏せて、横面に鎧通し(小刀)を突き立てるが、そのまま馬に乗って立ち去った。

 その後、長澤まさみのナレーション、いわゆる「ナレ死」で重忠の討ち死が知らされた。この壮絶な場面に、視聴者は絶賛。

「主要キャストの中でダントツ若いのに負けていない」
「鎌倉武士の鑑畠山、格好良かった」

 など、SNSでも中川の演技に対する賛辞が飛び交った。

 放送直後に番組公式Twitterが更新され、オールアップ後の中川のインタビューが公開された。

 その中で、「満身創痍って感じで、ここまで極限状態というか自分の体力的にも気持ち的にも 『あ! 1回やばい!」ってなったところから2、3段階超えた感じがして。楽しかったですよ。終わった今は、本当にすがすがしいというか(後略)」

 長丁場の疲労とやり終えた達成感が入り交じったコメントだった。