「古民家を改装した宿で、部屋と部屋の仕切りは襖だけ。こんな不用心なところに誰か泊まるんかなと……」

 近隣住民の危惧は現実のものとなった。

 岡山県警は9月20日、女性宿泊客に薬物を飲ませて性的暴行をしたとして、同県里庄町のゲストハウスの経営者・武内俊晴容疑者(48)を準強制性交の疑いで逮捕した。

抵抗できない状態にして“わいせつ行為”という卑劣さ

「武内容疑者は19年8月8日の夜、30代の女性宿泊客Aさんに睡眠作用のある薬物を飲ませて、抵抗できない状態にしてからわいせつな行為をした。容疑者に提供された酒などの飲み物に薬物が混入されていたようです」(全国紙社会部記者)

 3年前の事件が発覚したきっかけは、今年3月に起きたある騒動だった。

「容疑者のゲストハウスに宿泊した女性Bさんが“泊まった翌朝に嘔吐するなど体調を崩した”と警察に相談。すると、Bさんの体内から身に覚えのない薬物が検出されたんです」(捜査関係者)

 Bさんの捜査を続けるなかで、Aさんの被害も浮かび上がってきたのだ。

 警察の取り調べに対して、武内容疑者は、

「やったか、やっていないかについては黙秘します」

 と容疑の認否を拒否。反省や謝罪の言葉もないという。

 20年近く空き家だった古民家を武内容疑者が買いとってゲストハウスとして開業したのは、約4年前。だがオープン当初から、容疑者と近隣住民とのトラブルは絶えなかったという。